パソコンのCPUでおなじみのインテルは、スクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジーXIV』と『フィギュアヘッズ』、Blizzard Entertainmentの『OVERWATCH』の試遊台を約70台用意して、パソコンでのゲームプレーをアピールしている。どれもCore i7を搭載する高性能なパソコンだ。ブースの規模の大きさや初心者向けコーナーの設置、対戦イベントを中心としたステージ内容などに、PCゲームとeスポーツの普及を目指すインテルの本気が感じられる。

約70台の高性能PCを用意したインテルブース
約70台の高性能PCを用意したインテルブース
[画像のクリックで拡大表示]

 ファイナルファンタジーXIV初心者なら「これから始めるファイナルファンタジーXIV」コーナーがおすすめ。ここでキャラを作ってUSBメモリーで持ち帰れる。巨大コントローラー「アラグの操作盤」も体験できる。フィギュアヘッズはゲーム体験コーナーだけでなく、ゲームに登場するロボットとコラボした外骨格ロボット「スケルトニクス」の体験コーナーにも注目だ。

 ゲームを試遊したい人が並ぶ待機場所は、ブース奥の壁際にある。アラグの操作盤やスケルトニクスは体験コーナーのすぐそばに待機場所がある。

「これから始めるファイナルファンタジーXIV」コーナー。スタッフに教えてもらいながら自分のキャラを作り、USBメモリーで持ち帰れる
「これから始めるファイナルファンタジーXIV」コーナー。スタッフに教えてもらいながら自分のキャラを作り、USBメモリーで持ち帰れる
[画像のクリックで拡大表示]
巨大コントローラー、アラグの操作盤でファイナルファンタジーXIVを楽しめるコーナーも
巨大コントローラー、アラグの操作盤でファイナルファンタジーXIVを楽しめるコーナーも
[画像のクリックで拡大表示]
世界中でeスポーツ大会が開催されているOVERWATCHの試遊コーナー。試遊待ちの行列も長かった
世界中でeスポーツ大会が開催されているOVERWATCHの試遊コーナー。試遊待ちの行列も長かった
[画像のクリックで拡大表示]
フィギュアヘッズのコーナーにあるスケルトニクス体験コーナー。手足を動かすとそれに合わせてロボットが動く。参加条件は小学生以上で身長180㎝未満であること
フィギュアヘッズのコーナーにあるスケルトニクス体験コーナー。手足を動かすとそれに合わせてロボットが動く。参加条件は小学生以上で身長180㎝未満であること
[画像のクリックで拡大表示]

 このほかディスプレー3台を使ったシステムや、NUCと呼ばれる小型パソコンで最新ゲームを楽しむシステムなども展示している。中央のメインステージでは、ゲームの対戦イベント、初心者向けセミナー、最新PCパーツの発表会などが最終日まで目白押しだ。

最新のCore i7搭載パソコンと、3年前や5年前のパソコンを比べたコーナー。最新パソコンのベンチマークスコアは5年前のものの約4倍
最新のCore i7搭載パソコンと、3年前や5年前のパソコンを比べたコーナー。最新パソコンのベンチマークスコアは5年前のものの約4倍
[画像のクリックで拡大表示]
3台のディスプレーを並べて一画面にした状態でプレーできる。こうした拡張性の高さはPCならでは
3台のディスプレーを並べて一画面にした状態でプレーできる。こうした拡張性の高さはPCならでは
[画像のクリックで拡大表示]
中央に見えるのがNUCと呼ばれる小型パソコン。小さいがCore i7を搭載し、高性能グラフィックスボードを搭載したドッキングステーションと接続して最新のPCゲームを楽しめる
中央に見えるのがNUCと呼ばれる小型パソコン。小さいがCore i7を搭載し、高性能グラフィックスボードを搭載したドッキングステーションと接続して最新のPCゲームを楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/湯浅英夫=IT・家電ジャーナリスト)

この記事をいいね!する