人気の展示では整理券が必要

 そのほかにも触覚、視覚を使った様々なアイデアを体験できる。展示によっては人気が高いため、整理券を発行しているところもある。特に、「Rez Infinite - Synsethesia Suit」「Parallel Eyes」「テレイグジスタンス」は人気が高かったので、体験したい人はお早目に。

「Rez Infinite - Synsethesia Suit」は、VRゲーム『Rez Infinite』に合わせて作られた“着るVR装置”。26個の振動子により音楽を振動として身体に伝える
「Rez Infinite - Synsethesia Suit」は、VRゲーム『Rez Infinite』に合わせて作られた“着るVR装置”。26個の振動子により音楽を振動として身体に伝える
[画像のクリックで拡大表示]
「Parallel Eyes」は、4人の参加者がそれぞれVRゴーグルを装着し、4人分の視覚映像を見ながら鬼ごっこをするというもの
「Parallel Eyes」は、4人の参加者がそれぞれVRゴーグルを装着し、4人分の視覚映像を見ながら鬼ごっこをするというもの
[画像のクリックで拡大表示]
「テレイグジスタンス」は、自在に動くアーム型のロボットに取り付けられたカメラの映像をVRゴーグルで見る装置で、自分の動きに合わせてロボットも動く
「テレイグジスタンス」は、自在に動くアーム型のロボットに取り付けられたカメラの映像をVRゴーグルで見る装置で、自分の動きに合わせてロボットも動く
[画像のクリックで拡大表示]

(文/湯浅英夫=IT・家電ジャーナリスト、写真/中村宏)