東京ゲームショウ2016初日の9月15日、スマートフォンゲームコーナー/ソーシャルゲームコーナーのドリコムブースで「『ダービースタリオン マスターズ』お披露目会」を実施した。

 ダービースタリオン マスターズは、コンシューマーゲーム機で人気の競走馬育成シミュレーションゲーム「ダービースタリオン」シリーズの最新作であり、同シリーズとしてはスマートフォン初の作品となる。ブリーダーとなって競走馬を育てる楽しさを忠実に再現しただけでなく、スマートフォンならではの手軽な操作性も実現。競馬に詳しくなくても楽しめるシナリオシーンなどを新たに用意したほか、ニンテンドー3DS向けの「ダービースタリオンGOLD」で廃止されていた「ブリーダーズカップ」が復活し、育てた競走馬を他のプレーヤーの競走馬とレースで競わせるられるようになった。

ダービースタリオン マスターズは、ダービースタリオンシリーズとしてはスマートフォン初となるゲームだ
ダービースタリオン マスターズは、ダービースタリオンシリーズとしてはスマートフォン初となるゲームだ
[画像のクリックで拡大表示]

 お披露目会の冒頭、ドリコム代表取締役社長の内藤裕紀氏は、「社内の往年のダビスタファンが集まって開発している。なくなってしまったブリーダーズカップも復活させたので、ぜひ最強の馬を育てて全国で育てた競走馬と競ってもらいたい」と、同作品の特徴をアピール。

 さらに「スマートフォンならではの特性を生かし、毎月のようにイベントを開催していきたい」とも話しており、ゲーム内イベントにも力を入れていく考えを示した。一方で内藤氏は、配信に関しては「10月後半にリリースできるのではないかと考えている」と話し、お披露目会開催の本日から事前登録の受付を開始したことを明らかにした。

ダービースタリオン マスターズの特徴について説明するドリコムの内藤氏
ダービースタリオン マスターズの特徴について説明するドリコムの内藤氏
[画像のクリックで拡大表示]