東京ゲームショウ2016のインディーゲームコーナーは、各ブースで国内外のデベロッパーや学校、個人などがいろいろなゲームを展示している。大手メーカーのブースと違い、展示の派手さはないものの、インディーゲームコーナーの中に隠れた名作が埋もれており、自分で探す面白さがある。インディーゲームコーナーのブースでは、ゲームを作った本人やデベロッパーの社長がゲームの横に立ち、自らゲームを紹介することが珍しくない。展示しているゲームについて、作者や関係者に直接いろいろと質問できる機会があるのが面白い。

 インディーゲームコーナーでもVRゲームが人気を博しており、ビジネスデイ初日にもかかわらず、30分待ちのブースもあるほど。インディーゲームコーナーは東京ゲームショウの穴場と言われ、例年なら人混みを避けつつゲームを楽しむには格好の場所だったが、一般公開日もVRゲームの前に行列ができることも考えられる。インディーゲームコーナーのVRゲームをプレーするのが目的ならば、一般公開日の早めの時間帯に行った方がいいだろう。

インディーゲームコーナーは9ホール。VRコーナーの隣だ
インディーゲームコーナーは9ホール。VRコーナーの隣だ
[画像のクリックで拡大表示]
入口に出展者の一覧が掲示されており、目的のブースを探しやすい。インディーゲームコーナーは大小100以上の団体、個人が出展している
入口に出展者の一覧が掲示されており、目的のブースを探しやすい。インディーゲームコーナーは大小100以上の団体、個人が出展している
[画像のクリックで拡大表示]
インディーゲームコーナーの多くはパソコンゲームだ。大手メーカーのブースより制作者や関係者と距離が近いため、試遊しながらかなり突っ込んだ質問もしやすい
インディーゲームコーナーの多くはパソコンゲームだ。大手メーカーのブースより制作者や関係者と距離が近いため、試遊しながらかなり突っ込んだ質問もしやすい
[画像のクリックで拡大表示]
インディーゲームコーナーの展示はアイデアが勝負。中には寿司の模型を置いているブースもあった
インディーゲームコーナーの展示はアイデアが勝負。中には寿司の模型を置いているブースもあった
[画像のクリックで拡大表示]
VRゲームを展示しているブースでは、ビジネスデイ初日にもかかわらず行列ができていた
VRゲームを展示しているブースでは、ビジネスデイ初日にもかかわらず行列ができていた
[画像のクリックで拡大表示]
インディーゲームコーナーにもVRゲームは多い。隣のVRコーナーよりは比較的並ばずにプレーできる
インディーゲームコーナーにもVRゲームは多い。隣のVRコーナーよりは比較的並ばずにプレーできる
[画像のクリックで拡大表示]
スマホ用のゲームも多く展示されていた。中にはGoogleの「Cardboard」を用いたVRゲームも見られた
スマホ用のゲームも多く展示されていた。中にはGoogleの「Cardboard」を用いたVRゲームも見られた
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/田代 祥吾)