東京ゲームショウ2016のDMM GAMESブースでは、最新作『一血卍傑-ONLINE-』や『文豪とアルケミスト』の世界観を楽しめるコーナーや、人気MMORPG『エルダー・スクロールズ・オンライン』を5画面環境で楽しめるコーナーを用意。

 さらに、同社のVR事業の第一弾として、人気の女性向けゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』をフィーチャーした『DMM GAMES VR x 刀剣乱舞-ONLINE- 三日月宗近Ver.体験会』が人気を集めていた。

最新作と刀剣乱舞に注目のDMM GAMESブース
最新作と刀剣乱舞に注目のDMM GAMESブース
[画像のクリックで拡大表示]

 一血卍傑-ONLINE-のARコーナーは、自分自身が英傑になって鶺鴒台で配合されるというもの。ソーシャルゲームでよく採用されている、キャラ同士の合成に自分自身も実写キャラになって参加できる。配合の相手は選ぶこともできるので、好きな英傑と一緒に配合されたりと、合成されるキャラクターの気持ちになって楽しめる。

 9月15日にオフィシャルサイトがオープンした文豪とアルケミストは、作品をイメージした部屋で撮影したり、椅子に座って登場キャラクターの紹介をじっくりと楽しめる。

一血卍傑のARコーナーでは、登場する英傑と自分自身の合成体験を楽しめる
一血卍傑のARコーナーでは、登場する英傑と自分自身の合成体験を楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]
文豪とアルケミストは世界観をイメージしたコーナーを用意
文豪とアルケミストは世界観をイメージしたコーナーを用意
[画像のクリックで拡大表示]
■変更履歴
「VIIDOG CODE」としていたのは「文豪とアルケミスト」でした。お詫びして訂正します。該当箇所は修正済みです。[2016/9/16 11:50]