2016年9月15日、千葉・幕張メッセでスタートした東京ゲームショウ2016のイベントステージで、「VRマーケットの展望」と題した基調講演が行われた。拡大しつつあるVR市場について、ソフト・ハードそれぞれの側面から見た市場の難しさ、可能性などについて話し合われた。

 ソフト面から見たVR市場をテーマにした前半には、カプコンの技術開発室副室長・伊集院勝氏、セガゲームスのプロデューサー・林誠司氏、バンダイナムコエンターテインメント のプロデューサー/ゲームディレクター・玉置絢氏が参加。伊集院氏は全編VR対応となった『バイオハザード 7』、林氏は10月配信予定の『初音ミク VRフューチャーライブ』、玉置氏は10月リリース予定のVR恋愛ゲーム『サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム』などを挙げ、VRに移行したことで従来のゲームコンテンツづくりがどう変わったかなどについて話をした。

カプコン 開発推進統括本部 CS制作統括 技術研究開発部 技術研究開発室 副室長・伊集院氏
カプコン 開発推進統括本部 CS制作統括 技術研究開発部 技術研究開発室 副室長・伊集院氏
[画像のクリックで拡大表示]
セガゲームス コンシューマ・オンラインカンパニー 第3CSスタジオ プロデューサー・林氏
セガゲームス コンシューマ・オンラインカンパニー 第3CSスタジオ プロデューサー・林氏
[画像のクリックで拡大表示]
バンダイナムコエンターテインメント CS事業部 第1プロダクション プロデューサー/ゲームディレクター・玉置氏
バンダイナムコエンターテインメント CS事業部 第1プロダクション プロデューサー/ゲームディレクター・玉置氏
[画像のクリックで拡大表示]