「ゲームの歴史と その未来を体験しよう」をテーマに、1996年から2016年までのゲームの歩みを記したパネルと日本ゲーム大賞受賞作品の展示、また受賞作品の一部をプレーできる試遊台が設けられている。現在、2016年の受賞ゲームが展示されるスペースは空いている状態だ。東京ゲームショウ会期中の9月17日(土)まで会場で日本ゲーム大賞の投票を受け付けていて、18日(日)に発表される。投票者には抽選でプレゼントが用意されているので、ぜひ投票しよう。

ブース全体
ブース全体
[画像のクリックで拡大表示]
トップクリエイターから寄せられたメッセージも展示されている
トップクリエイターから寄せられたメッセージも展示されている
[画像のクリックで拡大表示]
「東京ゲームショウ」公式アプリに搭載されているARカメラで、会場内に点在する20周年ロゴマークを写すと、360度対応の特別なキャラが出現
「東京ゲームショウ」公式アプリに搭載されているARカメラで、会場内に点在する20周年ロゴマークを写すと、360度対応の特別なキャラが出現
[画像のクリックで拡大表示]
年別の概要が記されたパネルと日本ゲーム大賞受賞作品を併せて展示
年別の概要が記されたパネルと日本ゲーム大賞受賞作品を併せて展示
[画像のクリックで拡大表示]
初回1996年~98年の日本ゲーム大賞受賞作品
初回1996年~98年の日本ゲーム大賞受賞作品
[画像のクリックで拡大表示]
展示パネルの下には、来場者がゲームの想い出をカードに書いて貼るスペースが設けられている。「FFVIIを見た時の感動を忘れない」といった共感できるものや、「セガなんてダッセーよな」という当時話題になったCMのワンフレーズなど、思わず足を止めてしまうコメントが寄せられている
展示パネルの下には、来場者がゲームの想い出をカードに書いて貼るスペースが設けられている。「FFVIIを見た時の感動を忘れない」といった共感できるものや、「セガなんてダッセーよな」という当時話題になったCMのワンフレーズなど、思わず足を止めてしまうコメントが寄せられている
[画像のクリックで拡大表示]

 試遊台では、初代「ゲームボーイ」や「セガサターン」、「ドリームキャスト」など、普段目にすることができない今では貴重なゲーム機を使ってプレーすることができる。用意されているのは『ファイナルファンタジーVII』や『ドラゴンクエストモンスターズ~デリーのワンダーランド~』、『バイオハザード』など、歴代の日本ゲーム大賞受賞作品約40ゲームだ。

 筆者は『ぷよぷよ通 決定版』を体験してみることに。10数年振りだが、久しぶりに自転車に乗るのと同じ感覚で、スタートからプレー終了まで一人ですんなりとこなすことができた。プレー時間は一人10分までなので『桃太郎電鉄HAPPY』や『電車でGO!』など思わず時間を忘れてしまうゲームをプレーされる際はご注意を。

試遊台には10機用意されていて、パネルに記されたゲームソフトからリクエストに応じてプレーできる
試遊台には10機用意されていて、パネルに記されたゲームソフトからリクエストに応じてプレーできる
[画像のクリックで拡大表示]
ぷよぷよ通 決定版を体験する筆者
ぷよぷよ通 決定版を体験する筆者
[画像のクリックで拡大表示]

 展示物を一つひとつ写真に収める海外からの来場者や、「うわぁーこれ懐かしくない?」と試遊台に近寄る女性グループの姿が見受けられた。本ブースでは、ゲームとともに成長してきた大人はもちろん、展示ゲームを知らない世代も楽しめる。改めてゲームが楽しい時間をもたらしてくれることと、技術の進歩を感じ取れることだろう。

(文・写真/大川晶子)