ソニーは2016年9月1日(現地時間)、ドイツ・ベルリンの家電見本市「IFA2016」でプレスカンファレンスを開催した。カンファレンスでは、同社社長兼CEOの平井一夫氏が登壇し、ソニーのビシネス戦略の発表を行った。そこで語られた、「ソニーの3つの新戦略」を解説していこう。

新しい「感動製品」とは……

 まず、平井社長はソニーの製品の位置づけとして「感動を届ける製品を作る、感性に訴える」という製品作りをキーワードとしてきた。その中でも今年のキーワードとなるのが、ユーザーが実際に手に取って感動を体験できる製品を提供する「ラストワンインチ」戦略だ。

IFAのプレスカンファレンスで発信された「ラストワンインチ」のキーワード
IFAのプレスカンファレンスで発信された「ラストワンインチ」のキーワード
[画像のクリックで拡大表示]

 「ラストワンインチ」で真っ先に紹介された製品群は、超ハイエンドモデルのオーディオ製品「Signatureシリーズ」。金メッキで塗装したウォークマン「NW-WM1Z」(詳細記事は「金メッキで塗装した『黄金のウォークマン』が発表」)、高級ヘッドホン「MDR-Z1R」、据え置きヘッドホンアンプ「TA-ZH1ES」の3製品で、今までにない音楽体験を通し、感動を伝える製品群だ。

ハイエンドポータブルオーディオ製品「Signatureシリーズ」の1つとして発表された、黄金のウォークマン「NW-WM1Z」
ハイエンドポータブルオーディオ製品「Signatureシリーズ」の1つとして発表された、黄金のウォークマン「NW-WM1Z」
[画像のクリックで拡大表示]
高級ヘッドホン「MDR-Z1R」も、「Signatureシリーズ」の1つだ
高級ヘッドホン「MDR-Z1R」も、「Signatureシリーズ」の1つだ
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォンの最新ハイエンドモデルでカメラ機能を強化したXperia XZシリーズも新たに発表。こちらも、感動を伝える製品の中心的な位置づけだ。

 伝統的なオーディオ・ビジュアル、そしてカメラ技術が凝縮されたこれらの製品群は「ラストワンインチ」の文字通り、手に取り身につけたときによさが伝わるハイエンドの製品作りに注力するメッセージとみられる。