シャープが広島東洋カープのファン向けに開発した野球応援用の時計型ウエアラブル端末「funband(ファンバンド) 広島東洋カープモデル」。6月に1000台限定で発売するとあっという間に完売し、8月から本格販売を始めた。ネットなどでの反響も大きく、すぐにソフトバンクホークスモデル、横浜DeNAベイスターズモデルを追加。現在は3球団4モデルがそろった。さて、どんな楽しみ方ができるのか。広島県出身のカープファンが試してもらった。

 funband 広島東洋カープモデルは、カープを象徴する真っ赤なバンドに液晶がついており、Bluetoothでスマートフォン専用アプリ(月額120円・税込み)と連携。設定には、「試合通知」と「球場・テレビ観戦」の2つのモードがあり、通知モードでは試合中にブルッと振動してディスプレーに試合状況を表示したり、カープカラーの赤色のLEDでチャンスを、青色のLEDでピンチを知らせたりする。

カープを象徴する赤いバンドが特徴の「funband 広島東洋カープモデル」(左)。あとからホームカラーの白も追加された。価格はいずれも1万円。広島県の「ゆめタウン」「ゆめマート」各店、広島市内の一部電器販売店で販売
カープを象徴する赤いバンドが特徴の「funband 広島東洋カープモデル」(左)。あとからホームカラーの白も追加された。価格はいずれも1万円。広島県の「ゆめタウン」「ゆめマート」各店、広島市内の一部電器販売店で販売
[画像のクリックで拡大表示]

 球場・テレビ観戦モードでは、過去の対戦履歴など、テレビ中継や球場のバックスクリーンには表示されない情報や選手への応援メッセージを表示するという。このほか、腕の動きをモーションセンサーが感知して、応援ポイントに換算、ユーザーによる選手の人気投票に使える機能もある。

funbandは専用アプリと連携。データスタジアムの情報を基に試合の経過を表示する。画面下の「盛り上がり」は、funbandのモーションセンサーで感知したユーザーの腕の動きを集計し、グラフ化したもの
funbandは専用アプリと連携。データスタジアムの情報を基に試合の経過を表示する。画面下の「盛り上がり」は、funbandのモーションセンサーで感知したユーザーの腕の動きを集計し、グラフ化したもの
[画像のクリックで拡大表示]
応援ポイントはユーザーによる選手の人気投票に使える
応援ポイントはユーザーによる選手の人気投票に使える
[画像のクリックで拡大表示]