リオ五輪が閉幕し、いよいよ次の夏季五輪は2020年の東京となった。リオ五輪の閉会式では、安倍首相がマリオにふんして登場するなど、日本のソフトパワーを活用した演出で話題となった。4年後の開会式ではどんな演出を見せてくれるのだろうか? 楽しみだ。

 そんな中、東京五輪に向けてすでに準備を進めている人々がいる。なんの準備かといえば、それは“おもてなし”。実は国内の有力企業が、東京五輪で増える訪日客に対して、ICT(情報通信技術)を活用したおもてなしを提供しようと研究開発を進めているのだ。ここでは、そんな企業のひとつであるNTTグループの取り組みを取材した。

看板・案内板から必要な情報が入手できる

 1998年の長野五輪では、腕時計型のPHSを運営スタッフの連絡用に配布して話題を呼んだNTTグループ。だが、2020年の東京五輪での取り組みは新型機器の提供にとどまらない大きなものになるかもしれない。というのも、五輪のために来日した訪日客が空港に到着してから競技場での観戦、帰国までを支援するおもてなしを準備しているからだ。加えて、東京五輪を日本のICT技術の先進性をアピールするショーケースとしてもとらえている。また、こうしたおもてなしの考え方や技術は、将来の高齢化社会のインフラとしても大いに役立つとNTTグループでは見ている。

 では、どんなおもてなしになるのか、順を追って紹介しよう。

 訪日客が空港で入国してまず戸惑うのは、自分が行きたい場所にどうやったらたどり着けるのか、ではないだろうか。トイレはもちろん、とりあえず食事をしたい、両替したい、バスや電車に乗りたい――などさまざまなニーズに分かりやすく応える必要がある。最近では、看板を多言語で表示するといった対策をとっているが、十分とはいえないだろう。

 こうした課題にNTTの研究所が出した答えが「かざして案内」だ。これは空港の看板や案内板にスマートフォンのカメラを向けるだけで、母国語への翻訳や現在位置の表示、ルート案内などの必要な情報が入手できるというもの。レストランの商品サンプルにかざすと、原材料が表示されるといったことにも応用できる。とはいえ、今でもQRコードなどを認識させて、必要な情報を表示することはできるので、正直なところそんなにすごい技術という印象はない。

 かざして案内のすごいところは、看板や案内板の正面に立って、画面いっぱいに看板や案内板を表示させる必要がないこと。看板や案内板が多少斜めでも、あるいは一部欠けていても「アングルフリー物体検索技術」と呼ばれる技術を使って高精度に認識するという。従来、アングルフリーの物体認識を実現するには、さまざまな角度から撮影した大量の画像をあらかじめ登録しておく必要があった。だがアングルフリー物体検索技術では、数枚の画像を登録しておくだけでいいという。

かざして案内。案内板をスマホのカメラで写すと、さまざまな情報を表示する
かざして案内。案内板をスマホのカメラで写すと、さまざまな情報を表示する
[画像のクリックで拡大表示]

 課題は、きちんと認識するかに加えて、かざしたときに何を表示するかだろう。そもそもかざすという行為で情報を入手するという操作が有効かどうかも検証が必要だ。そのためNTTは、2015年12月から2016年3月にかけて、東京国際空港ターミナルやパナソニックなどと共同で、羽田空港の国際線旅客ターミナルで実証実験を行っており、利用者がある程度直感的に行動できることを確認している。