エイベックス通信放送の取締役、村本理恵子氏
エイベックス通信放送の取締役、村本理恵子氏
[画像のクリックで拡大表示]

 エイベックス通信放送(以下、エイベックス)が運営する動画配信サービス「dTV」(サービスの提供会社はNTTドコモ)が、スマートフォンでVR映像が楽しめるアプリ「dTV VR」をリリースした。同時にミュージックビデオを中心にオリジナルの360度映像などのVRコンテンツの配信も開始。今後は、音楽ライブなどを360度映像のVRコンテンツとして収録・配信する計画で、8月27日、28日に味の素スタジアムで開催される音楽フェス「a-nation stadium fes. powered by dTV」(以下a-nation)の模様をVR作品として今秋に配信する。

 すでにYouTubeには360度映像のチャンネルが存在するなどブームとなりつつあるVRコンテンツ。とはいえ、大手動画配信サービスとして対応するのはdTVが初だ。dTVはVRをどのように活用するのか? エイベックス通信放送の取締役、村本理恵子氏にVR対応の狙いを聞いた。

VRブームに乗ったわけではない

 実はエイベックスは、2014年から360度映像の制作に取り組んでいる。2016年3月には、dTVで360度映像を使ったリアル脱出ゲーム「サイコルームからの挑戦状」を配信。“史上初360度体感ドラマ”と銘打った同作品には、たくさんの反響があったようだ。

 「今、VRがブームになりそうだから、その波に安易に乗ったわけではない。きちんとして準備段階を経てdTV VRの提供を開始した」と村本氏は力説する。

 今後、どのような映像をVRで配信するかについても、「これまでと同様に、ユーザーの方に新しい映像体験を提供する手段のひとつとしてVRを活用する」(同氏)とのこと。そうした中でVR向きでdTVの強みを生かせるコンテンツとして、音楽フェスのa-nationのVR配信に挑戦することを決めた。それに先駆けて、dTV VRではa-nationに出演するアーティストのVR作品を週に1~2本のペースで増やしている。「アーティストのファンを中心に、普段は味わえないアーティストの至近距離にいる感覚や臨場感が楽しめるといった反応が多くあり、十分に手ごたえを感じている」(同氏)という。