2018年8月9日、都内にて第18回アジア競技大会 eスポーツ競技日本代表選手壮行会および日本eスポーツ連合活動計画 記者発表会が開催された。日本代表選手やスポンサーを紹介するとともに、今後選手を派遣する予定の大会についても明らかになった。

 第18回アジア競技大会は、ジャカルタのパレンパンで8月18日に開幕する。eスポーツはデモンストレーション種目として試合が行われ、『ウイニングイレブン2018』(コナミデジタルエンタテインメント)、『クラッシュ・ロワイヤル』(フィンランドSupercell)、『ハースストーン』(米ブリザード・エンターテイメント)、『スタークラフト2』(米ブリザード・エンターテイメント)、『リーグオブレジェンド』(米ライアットゲームズ)、『アリーナオブヴァラー』(中国テンセント)の6タイトルが採用されている。

 日本では『アリーナオブヴァラー』を除く5タイトルで日本代表選考会を行い、選ばれた選手が東アジア予選に出場した。このうち『ウイニングイレブン2018』の杉村直紀選手と相原翼選手、『ハースストーン』の赤坂哲郎選手が予選を突破。アジア競技大会本戦に進んだ。

壮行会には、今回初披露となるスポンサーロゴ入り公式ユニフォームを身につけた3選手が登場した。左からJeSU(日本eスポーツ連合)の岡村秀樹会長(代表理事)、杉村直紀選手、相原翼選手、赤坂哲郎選手、JeSUの浜村弘一副会長
壮行会には、今回初披露となるスポンサーロゴ入り公式ユニフォームを身につけた3選手が登場した。左からJeSU(日本eスポーツ連合)の岡村秀樹会長(代表理事)、杉村直紀選手、相原翼選手、赤坂哲郎選手、JeSUの浜村弘一副会長
[画像のクリックで拡大表示]

eスポーツと無関係の企業がスポンサーに

 壮行会では日本代表選手の紹介と共に、au、サントリー、ローソン、サードウェーブデジノス、ビームス、インディードの6社が公式スポンサーに決まったことが発表された。各企業はそれぞれのカテゴリーで支援を行う予定だ。

 注目は、ビームス、ローソン、サントリー、インディードの存在。これまで、eスポーツ大会やプロ選手などのスポンサーは、ゲームやPCなどeスポーツに関連する分野の企業がほとんどだったのに対し、これら4社はeスポーツと直接関わり合いがない企業。純粋にスポンサードすべき対象としてeスポーツを選んだと考えられる。eスポーツがゲーム業界の枠を超えて一般に浸透してきた兆しと見ることができそうだ。

JeSUの公式スポンサーになった企業。このうち4社はeスポーツに直接関係していない企業
JeSUの公式スポンサーになった企業。このうち4社はeスポーツに直接関係していない企業
[画像のクリックで拡大表示]
『ウイニングイレブン2018』代表の杉村直紀選手は「スポンサーがついてうれしい。本当のアスリートになった気分。7月の大会では予選落ちをしてしまったので、アジア競技大会ではその時の悔しさをぶつけ、結果を残したい」とコメント
『ウイニングイレブン2018』代表の杉村直紀選手は「スポンサーがついてうれしい。本当のアスリートになった気分。7月の大会では予選落ちをしてしまったので、アジア競技大会ではその時の悔しさをぶつけ、結果を残したい」とコメント
[画像のクリックで拡大表示]
『ウイニングイレブン2018』代表の相原翼選手は「大変注目されているので結果を出したい。一番良い色のメダルを持って帰りたい」と抱負を述べた
『ウイニングイレブン2018』代表の相原翼選手は「大変注目されているので結果を出したい。一番良い色のメダルを持って帰りたい」と抱負を述べた
[画像のクリックで拡大表示]
ハースストーン日本代表の赤坂哲郎選手は「多くの企業に注目されていると思う。ハースストーンは海外のゲームタイトルで、知っている人は多くないが、今回の大会で知ってもらえる機会を得たことはうれしい。東アジア予選はかなり厳しい戦いだったが、なんとか勝ち抜けたので、本戦でもできる限りがんばりたい」と意気込んだ
ハースストーン日本代表の赤坂哲郎選手は「多くの企業に注目されていると思う。ハースストーンは海外のゲームタイトルで、知っている人は多くないが、今回の大会で知ってもらえる機会を得たことはうれしい。東アジア予選はかなり厳しい戦いだったが、なんとか勝ち抜けたので、本戦でもできる限りがんばりたい」と意気込んだ
[画像のクリックで拡大表示]

来年にはサウジアラビアとの親善大会も

 アジア競技大会のeスポーツ競技は、8月31日には『ハースストーン』の、9月1日に『ウイニングイレブン2018』の試合が行われる。どちらも日本での放映、配信の予定は未定だ。ただ、東アジア予選では、チート(ゲームを有利に進めるため、制作者の意図しない動きをさせる不正操作)などの検査をする都合上、試合の数日後に結果が発表されたが、本戦では即時発表になるという。

 なお、今年11月に台湾・高雄で開催される「第10回eスポーツワールドチャンピオンシップ」にも日本代表選手を派遣する予定。こちらの競技タイトルは『カウンターストライク:GO』『鉄拳7』『リーグオブレジェンド』の3タイトルで、日本(JeSU)からは『カウンターストライク:GO』と『鉄拳7』の2タイトルに日本代表選手を派遣する。

 さらに、2019年には日本・サウジアラビア国際親善試合(仮称)の開催も決定した。この試合では、日本、サウジアラビア両国がそれぞれホームアンドアウェイ方式で対戦する。競技タイトルは『ウイニングイレブン2019』『鉄拳7』『ストリートファイターV AE』の3タイトルが確定しており、これに今後発表される2タイトルが加わる。

 今年後半から来年にかけては、eスポーツの大会が続く。また、JeSUでは国際体操連盟や日本サッカー協会、日本ゴルフ協会、アーバンスポーツ支援協議会といったリアルスポーツの分野から4人をJeSUの特別顧問に迎え入れ、リアルスポーツのノウハウを生かしてeスポーツを盛り上げていく方針も示している。アジア競技大会を皮切りに国際大会への選手派遣やJeSUの活動が活発化し、よりeスポーツの発展と周知に力が入りそうだ。

アジア競技大会eスポーツ競技の日程も開示。大会の後半に開催されることが決まった
アジア競技大会eスポーツ競技の日程も開示。大会の後半に開催されることが決まった
[画像のクリックで拡大表示]
日本とサウジアラビアによる国際親善試合も開催。両国それぞれで試合が行われる
日本とサウジアラビアによる国際親善試合も開催。両国それぞれで試合が行われる
[画像のクリックで拡大表示]
eスポーツワールドチャンピオンシップにも参戦を決定。派遣選手の選考会は、『カウンターストライク:GO』がガレリアゲームマスターカップで、『鉄拳7』は東京ゲームショウ2018で行われる
eスポーツワールドチャンピオンシップにも参戦を決定。派遣選手の選考会は、『カウンターストライク:GO』がガレリアゲームマスターカップで、『鉄拳7』は東京ゲームショウ2018で行われる
[画像のクリックで拡大表示]
東京ゲームショウでは、「e-Sports X(クロス)」としてJeSUが大会を開催。前述した日本とサウジアラビアによる国際親善試合やeスポーツワールドチャンピオンシップの日本代表選手の選考会やオランダとの親善試合も予定する
東京ゲームショウでは、「e-Sports X(クロス)」としてJeSUが大会を開催。前述した日本とサウジアラビアによる国際親善試合やeスポーツワールドチャンピオンシップの日本代表選手の選考会やオランダとの親善試合も予定する
[画像のクリックで拡大表示]
国際体操連盟や日本サッカー協会、日本ゴルフ協会、アーバンスポーツ支援協議会など、リアルスポーツの各団体からJeSUの顧問として招聘された
国際体操連盟や日本サッカー協会、日本ゴルフ協会、アーバンスポーツ支援協議会など、リアルスポーツの各団体からJeSUの顧問として招聘された
[画像のクリックで拡大表示]
■変更履歴
日本・サウジアラビア国際親善試合(仮称)の競技タイトルは『ウイニングイレブン2018』ではなく『ウイニングイレブン2019』でした。お詫びして訂正します。該当箇所は修正済みです。[2018/8/17 15:50]

(文/岡安学)

この記事をいいね!する