自らの経験や先行読者からのフィードバックを反映

 そこで、とにかくまずは自らの経験、例えばeBayで働いていたときの経験などに基づいて、読者がどこまで求めるかを真剣に検討しました。eBayにいたときに自分が困ったこと、知りたかったことは、例えば、シェルや正規表現の使い方でした。そのため、第3部でそれらを盛り込んだのです。
 同時に、内容構成をまとめるときには、「読者が本書を最後まで読み切れること」を重視しました。読み切れるように、難易度を考慮したり、つまらなくならないように工夫しました。

独学プログラマーになるために必要なこと(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

――各章のはじめには、有名人の言葉が巻頭言として挙げられており、やる気が高まるようになっていますね(例:「独学こそが唯一の教育である、私はそう強く信じている。── アイザック・アシモフ」「私は本からすべてを学んだ。── エイブラハム・リンカーン」)。これは読者にも好評のようです。また、各章に用語集や実際に手を動かして解くチャレンジ問題(章末にある課題)があったりして、知識をきちんと身に付けながら進めるようになっていますね。

独学プログラマーになるために必要なこと(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

アルソフ氏:私は読書が好きなので、さまざまな本を参考にして章の構成や内容を検討しました。また、Facebookでグループを作って、できた原稿を先行して読んでもらい、感想を聞いたりしました。そのグループでの意見には例えば、「もっとチャレンジ問題をやりたい」というものがあったので、チャレンジ問題を増やしたりしました。