IoTやAIといった最新テクノロジーは教育現場にも影響を与えている。アイドル“ももち”こと嗣永桃子さんと野村総合研究所・鈴木良介氏がイベントに登壇し、事例が紹介された。

 ビジネスの世界では「デジタル変革」が声高に語られ、IoTやAIといった最新のテクノロジーによって事業のあり方や顧客との関係性などが大きく変わろうとしている。企業の情報システム部門は、「ITを使った働き方改革のシナリオを提案せよ!」「生産性向上の先頭に立て!」といったミッションが課せられ、役割が変わり、発想も変えざるを得なくなってきた。さまざまな障害やリスクからシステムを守り、正常に動かすといった業務に加えて、顧客に対して新たなコミュニケーションや体験を生み出すシステムの構築を求められはじめている。

 この波は教育現場にも来ている。2017年5月30日に名古屋国際会議場で開催されたITイベント「Cloud Days 名古屋」では、幼稚園や小学校の現場で起こっているデジタル変革を紹介。芸能の世界から初等教育の道に進むというアイドルの“ももち”こと嗣永桃子さんがゲストで登壇し、IoTやデータ分析の第一人者である野村総合研究所・鈴木良介氏が最新事例を解説した。

嗣永桃子(つぐながももこ)
嗣永桃子(つぐながももこ)
1992年3月6日生まれ。千葉県出身。ハロー!プロジェクト・キッズを経て、2004年にBerryz工房のメンバーとして、12歳でメジャーデビュー。2007年には夏焼 雅、鈴木愛理とともにBuono!のメンバーとなり、リーダーを務める。2014年からはカントリー・ガールズに加入し、プレイングマネジャーに。2017年6月30日をもって芸能活動に区切りをつけ、幼児教育の道へ進む
[画像のクリックで拡大表示]