コンテンツという商品を「売る」場としてだけでなく、印刷物という「モノ」を「デリバリー=配布する」インフラとしてもコンビニコピー機が使われてきている。