ロボネコヤマトの自動運転の配達車両。中には宅配便受け取りロッカーと同様のロッカーがある(ヤマト運輸の動画より)
ロボネコヤマトの自動運転の配達車両。中には宅配便受け取りロッカーと同様のロッカーがある(ヤマト運輸の動画より)

クロネコヤマト、増える荷物にネットや自動運転で対応

2017年06月05日
  • クロネコメンバーズの会員になると、配達時間を事前にメールで通知してくれる
  • LINEの通知は対話形式で、配達時間や受け取り場所の変更ができる
  • ヤマト運輸営業推進部係長の荒川菜津美氏
  • 受け取り場所に宅配便受け取りロッカーを指定すれば、帰宅途中で荷物を受け取れる。運営しているのは、ヤマト運輸が出資するパックシティジャパン。ヤマト運輸専用ではなく、佐川急便などとの共同利用(画像提供/ヤマト運輸)
  • ロボネコヤマトの自動運転の配達車両。中には宅配便受け取りロッカーと同様のロッカーがある(ヤマト運輸の動画より)
  • 利用者は地図から受け取り場所を選択する(ヤマト運輸の動画より)
  • 受け取る時間は10分単位で選べる(ヤマト運輸の動画より)
  • 配達車両が受け取り場所に近づいてくると、携帯電話に電話が掛かる。到着したら、利用者はあらかじめ設定した暗証番号などを入力し、自分でロッカーを開けて荷物を受け取る(ヤマト運輸の動画より)