ビットコイン導入の狙いは海外旅行客

 店頭などで使用できる決済手段には、すでに現金、クレジットカード、「楽天Edy」「nanaco」「WAON」「Suica」「PASMO」といった流通系や交通系の電子マネー、「LINE Pay」などのモバイル決済がある。それでも今回、ビットコインを導入したのは、海外旅行客の利用を想定してのことだろう。

ビックカメラのレジでは新たな支払い方法としてビットコインが加わった(写真/シバタススム)
ビックカメラのレジでは新たな支払い方法としてビットコインが加わった(写真/シバタススム)
[画像のクリックで拡大表示]

 ビットコインの特徴の一つに「価格」の概念が存在しないことがある。ビットコインそのものには価格がなく、交換所で円や米ドルなどの通貨に交換されて初めて為替レートが決まる。例えば店頭で1万円の製品を購入する場合、まずはその金額に該当するビットコインに換算され、それがユーザーのビットコインアドレス(口座)から各店のビットコインアドレスに送信されるわけだ。

 ビットコインは基本的に世界中どこでも利用が可能なため、国をまたいでの利用に大きな効果を発揮する。現地通貨ではなくビットコインで決済が行われれば、海外旅行で買い物をするときでもいちいちATMや両替所で現地通貨を引き出す必要がない。手持ちの現金を最小限にし、小銭を取り扱わないで済むのは大きなメリットだ。今回、電子マネーやクレジットカードをすでに導入する量販店においてもビットコインを新たに導入したのは、こうしたインバウンド需要をにらんでのものだ。