ペ・ヨンジュン主演の『冬のソナタ』を火付け役に韓流ドラマが話題となった第1次韓流ブーム、少女時代やKARA、東方神起などのK-POPスターが人気を集めた第2次韓流ブームに続き、今、第3次韓流ブームが起こっているといわれる。ハマっているのは10代、20代の若者たち。特に女性は、韓国の音楽やドラマだけでなく、コスメやファッション、グルメにもアンテナを伸ばす。人気の理由は何なのか。自らもK-POPファンで、音楽や若い女性のカルチャーなどにも詳しいライターのヨダエリが取材した。

 第3の韓流ブームが盛り上がりを見せる中、今年も4月13~15日の3日間、千葉・幕張メッセで「KCON JAPAN(ケイコン・ジャパン)」というイベントが開催された 。

幕張メッセで開催されたKCONジャパンの様子。取材日は金曜日だったが、それでも大変な賑わい。10代、20代の女性が多い
幕張メッセで開催されたKCONジャパンの様子。取材日は金曜日だったが、それでも大変な賑わい。10代、20代の女性が多い
[画像のクリックで拡大表示]

 KCONはK-POPや、K-DRAMA(韓国ドラマ)、K-MOVIE(韓国映画)など、韓国の最新コンテンツの魅力を海外のファンに向けて発信する世界最大級の“K-Culture”フェスティバル。2012年から7年間、13回に渡って北米、中南米、中東、欧州、アジアなど世界各地で開催されてきた。

 日本では2015年の初開催から毎年その規模を拡大し、2015年は1万5000人、2016年は3万3000人、2017年は4万8500人と動員数が年々増加。今年は6万8000人と、過去最大の動員数を記録した。幕張メッセのホール4~6を使い、アイドルグループのグッズや化粧品、食品などのプロモーションや販売をするブース、韓国フードを味わえるフードコーナー、トークイベントやミニライブを行うステージなどで構成。これらは「コンベンション」と総称され1900円(税込み)で入場できる。さらに期間中は毎晩、今人気のK-POPアーティストが出演する有料ライブ「KCON 2018 Japan×M COUNTDOWN」(コンベンション入場料込みで1万1900円、税込み)も開催された。

 昨今、新たな韓国ブームの到来を日常のそこかしこで感じている人は多いだろう。例えば、9人組ガールズグループのTWICE(今年はKCONの3日目に出演)は2017年の紅白歌合戦に出演。ダンスの振り付けだった「TTポーズ」は女子中高生が写真を撮るときのポーズとしてSNSで大人気になった。男性ヒップホップアイドルグループの防弾少年団は、日本も含む世界各国でブレイク中だ。このほか、街ゆく若い女性のヘアメイクやファッション、あるいはチーズタッカルビなどグルメの分野でも話題は尽きない。

 なぜ今、K-Cultureが多くの人を引き付け、新たなファンを生み出しているのか? その理由を探るべく、その人気の象徴ともいえるKCONを取材した。来場者へのインタビューと、会場レポートをお送りする。

K-Cultureとの出会いは友人の口コミが中心

 今回の取材で重きを置いたのが来場者へのインタビューだ(ここのインタビューは最終ページに詳しく記載する)。『冬のソナタ』がブームとなった第1次韓流ブームのころと違い、今の日本では民放テレビで“韓流”に出合う機会は極めて少ない。ドラマはまだ放送されているほうだが、音楽番組は皆無と言っていい。では一体どこで出合うのか?

 来場していた10代~40代の女性たちに話を聞いてみると、きっかけは三者三様だが、ライブに誘われたりお薦めとして教えてもらったりと、友人からの口コミが多いことが分かった。

 また、韓国のテレビ番組をネットや有料チャンネルで観てハマるケースも多い。KCONのコンベンションエリアでも、スカパー!が「韓流セット」のプロモーションを展開していた。「Mnet」「KBS World」「KNTV」など韓国のエンタメを楽しめるチャンネルをセットにしたプランだ(ちなみにKCON Japanは、韓国のエンターテインメントチャンネル「Mnet」を運営するCJ E&Mと、その日本法人CJ E&M Japanが開催している)。

 TWICEがお茶の間にまで浸透したことからも分かるように、地上波テレビの影響力はいまだに大きい。とはいえ、好きなジャンルと運命の出合いを果たしたり深掘りしたりする場所は、今や地上波テレビではないのだ。現在のK-POP人気はそれを如実に現している現象といえるだろう。

今回インタビューした来場者に最も人気が高かったのが、男性ボーイズグループのWanna One(ワナワン)。2017年にデビューした11人組ボーイズグループで、2018年12月までの期間限定で活動する
今回インタビューした来場者に最も人気が高かったのが、男性ボーイズグループのWanna One(ワナワン)。2017年にデビューした11人組ボーイズグループで、2018年12月までの期間限定で活動する
[画像のクリックで拡大表示]
日本の女性に人気があるのはボーイズグループだけではない。ガールズグループも人気。写真は韓国出身の10人、中国出身の3人で構成された13人組の女性アイドルグループ・宇宙少女
日本の女性に人気があるのはボーイズグループだけではない。ガールズグループも人気。写真は韓国出身の10人、中国出身の3人で構成された13人組の女性アイドルグループ・宇宙少女
[画像のクリックで拡大表示]

「楽しい」が循環するK-Culture

 来場者に突撃取材をしながらコンベンションエリアを何周かするうち、どこにどんなブースがあるかが分かってきた。筆者は昨年もKCONを経験しており、そのときも思ったが、全体像を把握するまで多少時間がかかる。それくらい広い面積に、音楽、グルメ、旅、美容など、さまざまなジャンルのブースが並んでいるのだ。

サラダバーのようなビジュアルの「bibigo」。実際は、ご飯・メイン・ナムル・ソースをそれぞれ数種類の中から選び、自分好みのビビンパが作れる店だ。韓国、中国、米国に店鋪を展開している
サラダバーのようなビジュアルの「bibigo」。実際は、ご飯・メイン・ナムル・ソースをそれぞれ数種類の中から選び、自分好みのビビンパが作れる店だ。韓国、中国、米国に店鋪を展開している
[画像のクリックで拡大表示]
KCONでは餃子やざくろ入りのジュースが試食・試飲できるとあって長蛇の列。日本では赤坂にあった店舗が閉店してしまったようだが、今後復活もあり得るかも
KCONでは餃子やざくろ入りのジュースが試食・試飲できるとあって長蛇の列。日本では赤坂にあった店舗が閉店してしまったようだが、今後復活もあり得るかも
[画像のクリックで拡大表示]
L.Aのストリートファッションをテーマにしたアイテムを展開する韓国発のセレクトショップ「LAP KOREA」のブース。通常よりお得な値段で購入でき、広告に起用されているWanna One(ワナワン)のカン・ダニエルのポスターが購入価格に応じて複数種類もらえるとあって、一日中列が絶えなかった。ちなみに3月31日には原宿に日本第一号店「LAP JAPAN」もオープンしている
L.Aのストリートファッションをテーマにしたアイテムを展開する韓国発のセレクトショップ「LAP KOREA」のブース。通常よりお得な値段で購入でき、広告に起用されているWanna One(ワナワン)のカン・ダニエルのポスターが購入価格に応じて複数種類もらえるとあって、一日中列が絶えなかった。ちなみに3月31日には原宿に日本第一号店「LAP JAPAN」もオープンしている
[画像のクリックで拡大表示]
場内を歩く女の子たちが背負っていた、このバックパックもLAP KOREAの商品
場内を歩く女の子たちが背負っていた、このバックパックもLAP KOREAの商品
[画像のクリックで拡大表示]

 この多ジャンル構造こそが、「ハマると止まらなくなる」K-Cultureの強みだ。

 これは筆者を含むK-Cultureファンに共通の傾向だが、K-POPにハマるとプロフェッショナルな歌やダンス、凝った振り付けなどに「すごい」「こんなに楽しいものがあったんだ」と感動し、「この魅力を伝えたい」という気持ちが自然とわいてきて、Twitterやブログ、あるいはリアルで語るようになる。今回、インタビューした来場者にも「友人に薦められた」という人が多かった。ジャンルとしてメインストリームではないため、同じものが好きだと一気に親近感がわくからだろう。チケット譲渡などをきっかけに友達同士を引き合わせたりもする。こうして、いつの間にか仲間が増えていく。

 しかも、K-Cultureは音楽とファッション、美容、フードが密接に絡み合っている。K-POPの情報を追ううちに、K-COSMEやK-FOODにも関心が広がる。逆もまたしかりだ。

 例えば、日ごろからK-POPが好きな人は一人で曲を聴くだけでなく、K-POPが流れる店でサムギョプサルを食べながら好きなアーティストについて語り合う。K-POPのプロモーションビデオ(PV)を巨大スクリーンで観られるカフェでお茶をする。ニューオープンしたチキンの店に行く(韓国はフライドチキンも名物で専門店がたくさんあり人気アーティストの家族が経営する店などもある)。韓国コスメの店にも入る(男女問わず人気のアーティストや俳優が広告に起用されていることも多い)。CDや映像、グッズの店ものぞく。店内のテレビで流れる映像を観て「今はこのグループが人気なのね」と知り、CDを聴いてみようかと興味がわく……といったサイクルが回り始めるのだ。

 それを一度に楽しめる街が東京でいえば新大久保であり、それを一日で体験できるイベントがKCONというわけだ。最近は渋谷や原宿などに韓国ファッションの店も増えたので、さらに活動しがいがあるだろう。

韓国ファッション通販サイト「KONVINI(コンビニ)」は三角の透明ケースに入った白いソックスを無料配布。150もの韓国ブランドを扱い、韓国ファッション通販サイトとしては日本最大級。昨年3月にはラフォーレ原宿にも店舗がオープンしている
韓国ファッション通販サイト「KONVINI(コンビニ)」は三角の透明ケースに入った白いソックスを無料配布。150もの韓国ブランドを扱い、韓国ファッション通販サイトとしては日本最大級。昨年3月にはラフォーレ原宿にも店舗がオープンしている
[画像のクリックで拡大表示]
食事したり、休んだりできるスペースもいちいちフォトジェニック。椅子とテーブルが置かれた休憩エリアは、ここより年齢層が高かった。大人が趣味を楽しむには「休めるときにはちゃんと休む」が鉄則!(実感)
食事したり、休んだりできるスペースもいちいちフォトジェニック。椅子とテーブルが置かれた休憩エリアは、ここより年齢層が高かった。大人が趣味を楽しむには「休めるときにはちゃんと休む」が鉄則!(実感)
[画像のクリックで拡大表示]
コンベンションに出展していた化粧品メーカーbellonは凍らせて使うマスクパックのサンプルを紹介。温度を下げることでフィット感が高まり、さらに毛穴がひきしまる効果が期待できるそう
コンベンションに出展していた化粧品メーカーbellonは凍らせて使うマスクパックのサンプルを紹介。温度を下げることでフィット感が高まり、さらに毛穴がひきしまる効果が期待できるそう
[画像のクリックで拡大表示]
手の甲に貼ってもらい、柑橘系の香りに気持ちよくなりつつ、テーブルに置かれたシャーベットグリーンのミニ冷蔵庫の可愛さに目を奪われる我々であった
手の甲に貼ってもらい、柑橘系の香りに気持ちよくなりつつ、テーブルに置かれたシャーベットグリーンのミニ冷蔵庫の可愛さに目を奪われる我々であった
[画像のクリックで拡大表示]

核としてのK-POPの求心力

 こうしたサイクルの核として求心力を持っているのが、K-POPだ。トレーニングに裏打ちされた、ハイレベルなパフォーマンスができるアーティストが、次々に登場してくる。KCONの目玉であり、毎年多くのアーティストが集結するコンサート「M COUNTDOWN」でも、それを随所に感じた。

 例えば、女性ソロシンガーのCHUNG HA(チョンハ)。「チョンハ姐さん」と呼ばれるのも納得の貫禄とセクシーさに目が行くが、安定したダンスも見事。曲の途中、特に見せ場という風でもなくヒョイッと脚を真上に上げているのを見て驚いた。相当鍛錬を積んでいる証拠だ。

女性ソロシンガーのCHUNG HA(チョンハ)
女性ソロシンガーのCHUNG HA(チョンハ)
[画像のクリックで拡大表示]

 去年も出演したPENTAGONは、最新曲「SHINE」を披露した。この曲の作詞・作曲をしたリーダーのフイは、初日13日のトリを務めたWanna One(ワナワン)の大ヒット曲「Energetic」など、他グループにも楽曲を提供。ほかのメンバーも全員が作詞作曲をすることから、彼らは“作曲ドル”(作曲+アイドル)とも呼ばれている。加えて、振り付けも自分たちの手によるものだ。外部に作曲や振り付けを頼らないことは、表現者としてのモチベーションを挙げると同時に外注コストの削減にも繋がる。自作型のグループは今後も増えていくかもしれない。また、彼らはTWICEなどと同じく、韓国・中国・日本の3カ国からメンバーを集めた多国籍グループ。複数の国で活動しやすいこの形態も、さらに増えていくだろう。

PENTAGONは韓国、日本、中国出身のメンバーからなる10人組ボーイズグループ
PENTAGONは韓国、日本、中国出身のメンバーからなる10人組ボーイズグループ
[画像のクリックで拡大表示]

 チアリーダーのようにハッピーでパワフルな魅力をさく裂させたMOMOLANDも印象的だ。中でも金髪ツインテールでファニーフェイスのジュイは、端正な顔立ちと女っぽさがウリのK-POPガールズグループにおいて新種とも言える独特の存在。ラップのキュートさも含め、TLCのレフト・アイに通ずる魅力と言えば、30代以上の洋楽リスナーには分かってもらえるだろうか。

MOMOLANDは9人組ガールズグループ。2018年6月に日本正式デビューを控えている
MOMOLANDは9人組ガールズグループ。2018年6月に日本正式デビューを控えている
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者が取材した初日には他に、gugudan、RAINZ、VICTON、Samuel、WJSN(宇宙少女)、Wanna Oneが出演し、それぞれ個性を発揮した。世界で通用させるのを前提に発信されるK-POPのステージは、ダンスにしろ歌にしろ、基礎ができていない人がほぼいないので、安心して観ていられる(当たり前のことなのだが、未熟さがかわいらしさとして愛される日本ではそれが当たり前ではない)。欲を言えば、あとはM COUNTDOWNで生演奏が実現されたら最高なのだが、贅沢な望みだろうか。

 音から入るか、ダンスから入るか、あるいはファッションやドラマ、映画、グルメから入るか。入口は人それぞれだが、支持層が増えたことで入口は大きくなっている。コンベンションエリアのステージで、Wanna Oneのカバーダンスを踊っていた8歳の少年が「夢はK-POPアイドルになること」と語っていた。子供が将来の夢に挙げ始めたら、そのジャンルは遠くない未来、きっと今よりメジャーになると筆者は感じている。

うちわ代わりにiPadは常識!? 来場者がハマったきっかけとは?

 最後に、今回インタビューに答えてくれた来場者を紹介しよう。K-POPやK-Cultureにハマったきっかけも楽しみ方もそれぞれ違っていた。

●「友達が教えてくれた宇宙少女がきっかけ」

第3次韓流ブーム 若い女性がK-Cultureにハマるワケ(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 えまさんとひらりさん(17歳と18歳)は高校時代の先輩と後輩という関係。KCONは初参戦で今日の目当てはガールズグループの宇宙少女だ。「宇宙少女がデビューしたとき、K-POPが好きな子に教えてもらってハマりました」。他に、fromis_9(プロミスナイン)、APRIL、KARAなども好き。男性グループではEXOが好きだという。

●「防弾少年団のライブでK-POPにハマった」

第3次韓流ブーム 若い女性がK-Cultureにハマるワケ(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 大阪から来たミッチさん(40代)は今年で2度目のKCON来場。去年はNAUGHTYBOYS(ノーティーボーイズ)を見にコンベンションのみ参加したが、今年はM COUNTDOWNに出演するWanna Oneが目当て。「コンベンションのコスメや観光情報のブースも見て回ります。近々韓国に旅行に行くので情報収集も兼ねて」。K-POPにハマったのは3年前、友人に防弾少年団のライブに誘われたのがきっかけ。K-POP仲間ともライブで知り合うことが多いそう。

●「目当てはワナワン、きっかけは東方神起」

第3次韓流ブーム 若い女性がK-Cultureにハマるワケ(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 ゆうなさん、なおさん(20代前半)は、千葉在住、高校時代からの友達同士で、KCONは初参戦。目当てはこちらもWanna One。手に持っているのはWanna Oneのペンライトだ。最初にハマったのは東方神起で、彼らが兵役を終え、復活した2017年のツアーにも参戦した。思わず「ビギです、ビギです!」と筆者が自己申告したら、「えー!」「楽しい」と盛り上がってくれた。(注:ビギとは東方神起ファンの愛称。日本のファンクラブ「Bigeast(ビギスト)」に由来する)

●「iPadには好きなメンバーの名前を表示します」

第3次韓流ブーム 若い女性がK-Cultureにハマるワケ(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 しおりさん、ほのかさん(22歳、23歳)の目当ては、10人組ボーイズグループのPENTAGON。iPadで表示しているのは、それぞれの“推し”メンバー、ヨウォンとジノの名前だ。スマホやタブレットを使って応援するスタイルはK-POPのライブでちょくちょく見かける。専用のアプリもあり、App Storeで「電光板」などと検索するとさまざまなアプリが出てくる。

 しおりさんは、安室奈美恵と韓国のガールズグループ・AFTERSCHOOLのコラボレーションを見たのがK-POPにハマったきっかけ。ほのかさんは、友人のお姉さんに薦められて見た人気テレビ番組「ウギョル」(人気アイドルや俳優、女優などが仮想結婚をして共に生活する様子を楽しむバラエティーで、邦題は「私たち結婚しました」)。大学で韓国語を専攻しているためK-POP好きと知り合うことが多く、自然と仲間が増えていくそう。

●「今日ステージで踊ります!」

第3次韓流ブーム 若い女性がK-Cultureにハマるワケ(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 「TRAP」というダンスチームを組んでいる皆さんは全員20歳前後。一般参加者によるカバーダンスやダンス教室などが行われるステージ「DANCE ALL DAY」で、ガールズグループ・RED VELVETのカバーダンスを踊るために参戦。好きなグループをそれぞれ聞くと、BIGBANG、B1A4、SEVENTEENなどが挙がった。K-POPにハマったきっかけは、韓国の音楽番組「MUSIC BANK」など。日本の音楽はあまり聴かないが「三浦大知くんは好き」だそう。

(文/ヨダエリ、写真/志田彩香)