新しいライフスタイルを提案するデジタル機器として、スマホでドアの鍵を開けられる「スマートロック」が日本でも注目を集め出している。

 実際、2015年に日本でも国内外のメーカーから複数のスマートロックが登場。ソニーとWiLのジョイントベンチャーであるQrio(キュリオ)が2015年11月に発売した「Qrio Smart Lock(キュリオスマートロック)」もそのひとつだ。

 Qrio Smart Lockは、発売当初こそソフトウエアの品質などいくつかの問題でつまずいたが、改善を進めることでその問題を解決。2016年に入ってからはユーザーの評価が格段に上がっており、販売台数も加速しているそうだ。筆者も購入し、毎日便利に使っている。

 スマホと連携することで新たな可能性を生み出す製品が増えるなか、スマートロックを使うと何が便利になるのか。今回は「Qrio Smart Lock」の実機をチェックし、そのメリットや使い勝手を探ってみた。

Qrioのスマートロック「Qrio Smart Lock」。価格は1万9440円(税込み)
Qrioのスマートロック「Qrio Smart Lock」。価格は1万9440円(税込み)

スマートロックのメリットとは?

 冒頭で述べた通り、スマートロックは「スマホでドアの鍵の解錠・施錠を可能にする製品」で、その設置方法によって2つのタイプがある。ひとつはドアの鍵自体を丸ごと取り替えるタイプ、もうひとつは既存のドアに後付けする形で対応させるタイプだ。

 Qrio Smart Lockは後者の後付けタイプ。強力な両面テープでドアのサムターン部分にかぶせるように設置するため、工事の手間がなく手軽に導入できる点がメリットだ。

 スマートロックを導入すれば鍵を持ち歩く必要がなくなる。鍵をすぐ忘れる人には便利だし、「鍵を失くす心配がない」というメリットもある。

Qrio Smart Lockをドアに取り付けたイメージ。縦向きだけでなく、サムターンやドアレバーの位置などに応じて、横向きや下向きでも設置できる
Qrio Smart Lockをドアに取り付けたイメージ。縦向きだけでなく、サムターンやドアレバーの位置などに応じて、横向きや下向きでも設置できる

 一方、解錠・施錠の手段が鍵からスマホに変わっても、それだけでは解錠の手間はあまり減らない。

 物理的な鍵の場合は「鍵をポケットやカバンから取り出す」→「鍵を鍵穴に挿す」→「ドアの鍵を解錠する」の3ステップが必要だが、スマートロックの場合も「スマホを取り出す」→「アプリを立ち上げる」→「ドアの鍵を解錠する」の3ステップが必要となるためだ。

 それに対してQrio Smart Lockは、2016年3月のバージョンアップでスマートウォッチに対応。これにより「スマートウォッチでアプリを立ち上げる」→「ドアの鍵を解錠する」の2ステップで操作が完了できるようになった。鍵だけでなくスマホさえも取り出す必要がないため、スマートウォッチユーザーであれば、スマートロックによって利便性は格段にアップする。

スマートウォッチでの操作は、watchOS 2.1以降とAndroid Wear 1.0に対応。現時点でアップルウォッチとソニーのSmartWatch 3のみの対応を発表しているが、対応機種は随時追加されるとのこと
スマートウォッチでの操作は、watchOS 2.1以降とAndroid Wear 1.0に対応。現時点でアップルウォッチとソニーのSmartWatch 3のみの対応を発表しているが、対応機種は随時追加されるとのこと

 ちなみに、1点注意してほしいのは、オートロック式のエントランスを完備したマンションに住んでいる場合。この手のエントランスは、基本的に鍵を直接差し込んで開けるタイプが多いため、結局は鍵が必要となる。Qrio Smart Lockを利用するメリットが少ないので、導入時には注意してほしい。

設置は簡単、ドアに貼り付けるだけ

 次に、Qrio Smart Lockの設置手順や使い勝手を見ていこう。

 まずは、ドアへの本体取り付け。Qrio Smart Lockにとって、設置の簡単さは導入のハードルを下げる魅力のひとつだ。

 手順は、端的に言えば「本体を両面テープでドアに貼り付けるだけ」。形状が特殊でなければ、5分とかからずに設置は完了する。工具も必要ないので、誰でも簡単に取り付けられるはずだ。

 サムターン部分が大きく出っ張っているドアでも、付属の「高さ調整プレート」を取り付ければ設置は可能。さらに、サムターンの形状に合わせたホルダーパーツも3種類用意。幅広いメーカーの鍵に対応し、多くのドアに設置できる点も魅力のひとつといえる。

本体に両面テープと、サムターンの形状にあった付属ホルダーを取り付ける。ホルダーがサムターンのツマミ部分にはまる位置で張り付け、最後にカバーを取り付ければ設置完了だ
本体に両面テープと、サムターンの形状にあった付属ホルダーを取り付ける。ホルダーがサムターンのツマミ部分にはまる位置で張り付け、最後にカバーを取り付ければ設置完了だ
3種類のサムターンホルダーと2段分の高さ調整プレートを付属。そのほか、電源となるCR123A電池×2個や取り付け用両面テープ×2枚も付属する
3種類のサムターンホルダーと2段分の高さ調整プレートを付属。そのほか、電源となるCR123A電池×2個や取り付け用両面テープ×2枚も付属する

 スマホ側には専用アプリ「Qrio Smart Lockで世界中の鍵をスマートに!」(iOS/Android対応)をインストールする。スマホと本体はBluetoothで連動。アプリを起動したら本体を認識させ、鍵の解錠位置と施錠位置を設定すれば準備は完了する。アプリ側の設定も画面に沿って進めればよいので簡単だ。

操作して2〜3秒で鍵を解錠

 では、実際の使い勝手はどうだろうか。まず、スマホとQrio Smart Lock本体の通信距離はだいたい5m前後。範囲に入ると自動的に接続するので、普通に歩いてきてドアの前に立てばすぐに操作できる感じだ。

 鍵の解錠・施錠は、アプリ画面下部のボタンをスライドさせて行う。操作すると2〜3秒程度で鍵が開いた。驚きのレスポンスとはいかないが、実用には許容範囲だろう。

 もちろん通信エラーがあると時間が延びたり動作しなかったりというケースもあるだろうが、筆者が使ったなかではそういったケースはほぼなかった。

専用アプリ「Qrio Smart Lockで世界中の鍵をスマートに!」のメイン画面。画面下のボタンを左右にスライドさせて解錠・施錠を操作する
専用アプリ「Qrio Smart Lockで世界中の鍵をスマートに!」のメイン画面。画面下のボタンを左右にスライドさせて解錠・施錠を操作する

 スマートウォッチでの反応も基本的にはスマホと同じ。こちらも、スマートウォッチで解錠・施錠を操作すると2〜3秒で動作してくれた。スマホを取り出す手間がないぶん、手軽さではこちらのほうが上。スマートウォッチユーザーはぜひとも活用してほしい。

スマートウォッチの場合は、ドアの前でアプリを起動して解錠または施錠のボタンをタップすればOK
スマートウォッチの場合は、ドアの前でアプリを起動して解錠または施錠のボタンをタップすればOK

「手ぶら解錠」もできるが……

 スマートウォッチへの対応以外にも、Qrio Smart Lockには便利な機能がある。そのひとつが「手ぶらで解錠」だ。

 「手ぶらで解錠」は、スマホのGPSなどを活用して位置情報を取得することで、スマホなどで操作しなくてもドアの前に来るだけでドアの鍵を解錠してくれる機能。鍵やスマホを取り出す手間どころか、鍵を開ける手間さえなくしてくれる。

 こちらはスマートウォッチでの操作を超える優秀な機能なのだが、ちょっとした弱点もある。それは、GPSの受信状態によって反応に差が出るため、利用環境によっては動作しないケースもあるということ。

 筆者の自宅では問題なく動作しているが、解錠までの時間については2〜10秒程度と幅がある。その点からも、決して万能ではないことが分かるだろう。

 ただ、この「手ぶらで解錠」は今のところβ版であって正式な機能ではない。そのため、動作にムラが出てしまうのは仕方のないところだ。

 荷物を両手で持っているときなどは助かる機能なので、今後のアプリやファームウェアのアップデートで精度が上がることを期待したい。

「手ぶらで解錠」の設定画面。利用する前にGPSを使って位置情報を設定する。また、利用時にはスマホのGPSをONにする必要がある
「手ぶらで解錠」の設定画面。利用する前にGPSを使って位置情報を設定する。また、利用時にはスマホのGPSをONにする必要がある

 そのほか、解錠後に設定時間が経過すると自動で施錠する「オートロック」や、鍵情報を共有する「キーシェア」なども備える。

 キーシェアは、イメージとしては利用期間を限定できる合鍵を自由に渡せる機能。例えば、たまに訪れる親族や友人などに対して、訪問日だけ利用できる鍵をシェアすることが可能だ。手軽に渡せるだけでなく、鍵の情報を失効させるだけで利用不可にすることもできる。

「オートロック」の設定画面。解錠後の動作までの時間は10~60秒で設定できる
「オートロック」の設定画面。解錠後の動作までの時間は10~60秒で設定できる
「キーシェア」のキー作成画面。利用期間は、曜日や時間の細かい指定も可能。作成したキーはメールなどで簡単に送れる
「キーシェア」のキー作成画面。利用期間は、曜日や時間の細かい指定も可能。作成したキーはメールなどで簡単に送れる

「進化する鍵」なのがいい

 実際に使ってみるとQrio Smart Lockはしっかり動作するし、便利な機能もそれなりにそろっている。

 先述したように発売当初のQrio Smart Lockは電波の問題などでうまく動作しないケースもあったようだが、アプリやファームウェアの改善によって、完成度が高めてきたという経緯がある。

 当然、今後も安定性の強化や機能の拡充などは随時行われるはずだ。さらに進化することを踏まえると、導入する価値は十分にあると感じる。

 サムターンを備えたドアであれば、多くの住宅で簡単、気軽に導入できる。「日常生活をもっと快適にしたい」と考えている人は試してみるといいだろう。とくに、鍵をよく忘れたり失くしたりする人、スマートウォッチを活用している人にはおすすめだ。

(文/近藤 寿成=スプール)

この記事をいいね!する