レコメンドによって知名度がないオリジナル作品も見られる

──Netflix側の手応えはいかがでしょうか?

沖浦泰斗氏(以下、沖浦氏): 既にかなりのメンバーに見てもらっています。日本だけでなく海外での視聴率も高い。今回はゼロからのオリジナルで、非常に大きなチャレンジでしたが、大成功と言っていいでしょうね。アニメにさほど関心を持っていなかった人にも楽しんでもらっている印象です。

石川社長: これは僕が沖浦さんに聞いてみたいことなんですが、テレビや映画、PPV(Pay Per View)などの配信でも、一般的にオリジナルは厳しいと言われます。原作もののほうが広く認知されているし、お客さんも安心して見られますから。だから、完全オリジナルの『B: The Beginning』を本当に見てもらえるのか、僕としても不安だった。でも、たくさんの人が見てくれているという。Netflixだと何が違うんでしょうか。

沖浦氏: テレビとか映画でも口コミの影響はありますが、やはり初速重視です。Netflixの場合は、全社を挙げてレコメンデーション機能に力を入れているところが大きいと思います。メンバーにお薦めした結果、最初はそこまで知られていなかった作品も、桜の花が少しずつ咲いていくように広がっていくことがあります。オリジナルはやはり見てみないと分からない。見てみて面白いものが、徐々に広がっていくというのは、Netflixならではだと思います。

インタビューでは石川社長が沖浦氏に質問する場面も
インタビューでは石川社長が沖浦氏に質問する場面も
[画像のクリックで拡大表示]

 もう一つ、全話一気に見られる良さもあるでしょう。これは個人的な仮説ですが、最近、テレビアニメでもHDDに録りだめておいて、全話放送が終わった後、ネットなどの反応を確かめてからまとめて見るという視聴スタイルが増えているのではと思います。Netflixなら、1話見て面白いと思ったら一気に見られる。完全オリジナル作品は確かにハードルが高いですが、Netflixとは相性がいいのではないでしょうか。

──テレビや映画に向けて作るのと、Netflixに向けて作るので、制作過程に違いはありますか。

石川社長: 今回、やっぱり環境って大きいなと思ったことがあります。

 『B: The Beginning』はシナリオだけ見ると、そこまで完成度が高い仕上がりじゃないんです。ただ、これがNetflixで配信される、世界で配信されるということが監督やスタッフに浸透してきたあたりから、完成度が上がってきた。脚本に絵が付いて、音が付いて、音楽が付いて、全てがそろったときに、自分たちのやりたいことが実現できていました。

 これがテレビシリーズだと、シナリオの段階でテレビ局や広告代理店などからいろいろな意見が出て、脚本を完成形のように作らざるを得ないんです。脚本が完成形で、そこに映像をどれだけ近づけられるか。漫画原作の場合でも、キャラクターに似せなければいけない、世界観を合わせなきゃいけないというように、どちらかといえば“合わせる”という作業になりがちです。

 それが今回は、中澤監督がやりたいこと、フェチなところも含めて、脚本に落とし込めました。そして、その脚本を設計図として盛り上げていった。だから、僕が脚本見たときの印象と映像見たときの印象が全然違いました。映像のほうがずっとドキドキしたね。監督をはじめ、スタッフが自分の表現に思いきりこだわれるのは、オリジナル作品だからこそ。本当によくこれを作ってくれたなと思います。

Netflixの強みの1つがメンバーの視聴履歴と作品の情報をマッチングし、お薦めのコンテンツを表示するレコメンデーション機能。各コンテンツにはメンバーの好みに合致する可能性を示す「マッチ度」も表示される
Netflixの強みの1つがメンバーの視聴履歴と作品の情報をマッチングし、お薦めのコンテンツを表示するレコメンデーション機能。各コンテンツにはメンバーの好みに合致する可能性を示す「マッチ度」も表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 同時期に『A.I.C.O. Incarnation』を配信するボンズの南(雅彦)社長は、「A.I.C.O.がボンズの最低ラインだ。これを上回るものしかうちは作らない」と豪語してたんですよ。僕が南(社長)に「ボンズの力から言えば、もっとすごいものが出てくるはずなのに、なんとなく物足りない」と言ったら、「ふざけんな!」と怒られて(笑)。

 でもうちは『B: The Beginning』でハードルを上げてしまったから、これ以上のものをやっていくとしたら、相当大変だとは思っています(笑)。

 もう一つ大きかったのは、作品の上がりを見て最終話を決められたことです。実は最後の11、12話の展開は、1話の段階では決定していなかったんですよ。4パターンくらい結末を作ってありました。その中のどれが気持ち良くなるかを、9話、10話のアフレコまで終わったあたりで決められた。全ての色が付いて、声優さんの声の入り方なども全部分かったうえで、最終話の制作に入るというのは、原作付きの作品ではあり得ないし、僕が過去にかかわったオリジナル作品でもなかったんじゃないかな。

――テレビほどの制約もなく、1作ごとに公開する映画とも違う。Netflixでの配信ならではのプロセスが生かせたということですね。

石川社長: そうですね。アイジーには才能のあるスタッフがたくさんいるんですが、彼ら、彼女らが自由に制作に没頭できる機会ってそんなにないんですよ。今回は、いい意味で自由でしたし、彼ら、彼女らがこういうのを作りたいというのがうまくはまったという感じです。

 そういう環境や出口を提供してもらえたのが、この作品にとって大きかったし、今後のいろいろな展開を考えても、アニメーションが変わっていく予感をさせます。