“Todai”発の簡単プログラミング環境

 東京大学は「Todai to Texas」と呼ぶプログラムを通じて、SXSWにプロトタイプやサービス、作品などを展示している。今年はInteractive Innovation Awardsで義足の研究チーム「BionicM」が学生部門の大賞を受賞した(関連記事「SXSW2017で東大のロボット義足がアワードを受賞」。BionicM以外にも興味深い展示があったので紹介しよう。

現在、国内でも注目されているプログラミング教育。Peegarは、スマホやタブレットで作成したプログラムを、イヤホン端子経由で簡単にデバイスに転送できるシステムだ。プログラミングについても、スクラッチと同様にタッチ操作などで簡単にコードを記述できる
現在、国内でも注目されているプログラミング教育。Peegarは、スマホやタブレットで作成したプログラムを、イヤホン端子経由で簡単にデバイスに転送できるシステムだ。プログラミングについても、スクラッチと同様にタッチ操作などで簡単にコードを記述できる
[画像のクリックで拡大表示]
こちらは軟らかい素材でロボットを作るプロジェクト「Caterpilike」。写真の物体は、まるで生きているイモムシのように移動する。ロボット的なカクカクとした動きがあまり感じられない
こちらは軟らかい素材でロボットを作るプロジェクト「Caterpilike」。写真の物体は、まるで生きているイモムシのように移動する。ロボット的なカクカクとした動きがあまり感じられない
[画像のクリックで拡大表示]

 最後に2つ、注目の展示を見ていこう。「RE VINYL」は、LPレコード専用のマーケットプレイス。専用アプリを使うと、LPジャケットの写真を検索して、作品の詳細だけでなく売値・買値の相場などが分かる。LPレコードの収集家は、全世界に相当数いると考えられており、そこにうまく訴求できればビジネスとして成功する可能性は高い。

RE VINYLでジャケット写真で検索した結果。購入金額がすぐに分かったり、簡単にマーケットプレイスに出品ができる
RE VINYLでジャケット写真で検索した結果。購入金額がすぐに分かったり、簡単にマーケットプレイスに出品ができる
[画像のクリックで拡大表示]

 Yume Cloud Inc.は、正確にはシリコンバレーにあるスタートアップで、エンターテインメント用IoT(モノのインターネット化)システム「GLOW」を提供している。GLOWは、センサーを内蔵したキューブ状のガジェットの光の強さや色を操ることができるシステムで、結婚式などの演出に使われている。今回は富士通エレクトロニクスと提携することで、数千個のガジェットを操ることが可能になり、ライブなどより大規模なイベントでの活用を訴求していくという。

GLOWのガジェット。センサーを内蔵しており、色や光の強さをコントロールできる。富士通エレクトロニクスとの提携により、今後はより大規模なイベントでの活用を目指す
GLOWのガジェット。センサーを内蔵しており、色や光の強さをコントロールできる。富士通エレクトロニクスとの提携により、今後はより大規模なイベントでの活用を目指す
[画像のクリックで拡大表示]

 2回に分けて、日本勢の展示内容を駆け足で紹介してきた。各ブースを見ていると、真剣に展示内容に耳を傾ける来場者が多かったし、海外の来場者は遠慮せずに自分の考えを伝えるケースが多いので、参考になる意見をもらうことができたのではないだろうか。各社の今後のビジネス展開に期待したい。

(写真・文/渡貫幹彦=日経トレンディネット)