テキサス州のオースティンで毎年開催される国際フェスティバル「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」。日本での関心も年々高まっている。2017年で31回目を迎えたSXSWについて、海外展示会の最新事情に詳しいフリーランスライターの野々下裕子氏に解説していただいた。

 SXSWは、1987年のスタート時はたった177組のミュージシャンが集まる音楽イベントだったが、やがてさまざまなアイデアや創造性を支援することを目的としたイベントへと進化。全体カテゴリーも最初の音楽(Music)に映画(Film)が加わり、そしてインタラクティブ(Interactive)と呼ぶITテクノロジーが追加され、合計3つとなった。さらに現在は教育や環境、ゲーム、スポーツ、ファッション、食などありとあらゆるクリエイティビティに関わる分野が取り込まれてきている。

トランプ政権の影響が垣間見えたSXSW2017(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
トランプ政権の影響が垣間見えたSXSW2017(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
メーン会場のひとつ「Autin Convention Center」
トランプ政権の影響が垣間見えたSXSW2017(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
トランプ政権の影響が垣間見えたSXSW2017(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
オースティンの街並み。SXSWののぼりが街中にあふれている。JW MARRIOTTもSXSWのメーン会場となっている
路面電車に見えるが、実は普通の電車で、郊外まで運行している。アメリカ中西部では珍しい公共交通手段だ
路面電車に見えるが、実は普通の電車で、郊外まで運行している。アメリカ中西部では珍しい公共交通手段だ
[画像のクリックで拡大表示]
オースティンを流れるコロラド川
オースティンを流れるコロラド川
[画像のクリックで拡大表示]

日本の企業・団体では初めてアワードを受賞

 ここ数年で日本からも注目されるようになり、米国以外からの参加者数では上位に入るほどになっている。複数ある展示会で最も大きい「Trade Show」では、日本からの出展面積が増えている(関連記事「8KのVRから東大のネコ耳まで 有力企業の注目デモ【SXSW2017】」。さらに今年は、インタラクティブを対象カテゴリーとする注目のスタートアップが世界からエントリーする「Interactive Innovation Awards (インタラクティブ・イノベーション・アワード)」のSTUDENT INNOVATION部門にノミネートされた東京大学の義足研究開発チーム「BionicM」が最優秀賞を受賞して話題となった。(関連記事「SXSW2017で東大のロボット義足がアワードを受賞」)

日本の企業・団体集まった「Meet Japan」エリア。30を超える国内の企業・団体が集結した
日本の企業・団体集まった「Meet Japan」エリア。30を超える国内の企業・団体が集結した
[画像のクリックで拡大表示]
トランプ政権の影響が垣間見えたSXSW2017(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
トランプ政権の影響が垣間見えたSXSW2017(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
NASAも出展。ちなみにNASAのステッカーは、すごく人気のアイテムとなっていた
トランプ政権の影響が垣間見えたSXSW2017(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
トランプ政権の影響が垣間見えたSXSW2017(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
BionicMの最新プロトタイプ。デザインとコストを考慮して実用化に近づける計画。Interactive Innovation Awardsの学生部門で最優秀賞を受賞した後、ステージに登壇して感想を述べるチームリーダーの孫 小軍氏

日本にはないさまざまな出展スタイル

 イベント全体の規模も年々拡大しており、10日間の開催期間中オースティンの中心地であるダウンタウン全体がSXSW一色になる。コンベンションセンターをはじめ、主要ホテルのほとんどがイベント会場として使われ、それぞれでカンファレンスや展示会が行われるのだが、それ以外にも企業や国が周辺にあるレストランや空き店舗などを借り切って、正式なプログラムとして展示イベントを開催するスタイルが数年前から定着している。今年は日本からパナソニックやソニー、NTTがレストランや倉庫を借りて正式に出展したところ、予想を超える来場者が訪れたという。

 こうしたラウンジ形式の出展では、飲み物や軽食を提供しつつ自社についてデモや体験を交えながら紹介する。それぞれの展示スタイルにアイデアが凝らされており、展示会やセッションの合間に休憩をかねて訪れる人が多い。展示は夜遅くまで行われ、ライブやパーティー形式のイベントを開催するのもお決まりのパターンだ。

 パナソニックの関係者によれば、レストランを貸し切っての展示は、準備に1年をかけたという。同社で新規事業を創出するために生まれたプロジェクト「Game Changer Catapult」のプロトタイプを、その担当者が説明員としてアピールしていた。自分で作ったプロトタイプやアイデアを、自分で説明するのもSXSWならでは。パンフレットなどを配布するだけのコンパニオンの姿はほとんど見当たらない。

ソニーとJapan Factory(NTTなど)は倉庫を貸し切って、展示イベントを開催した
ソニーとJapan Factory(NTTなど)は倉庫を貸し切って、展示イベントを開催した
[画像のクリックで拡大表示]
ソニーがSXSWで初めて展示したVRゴーグルを使わないタイプのVR(仮想現実)体験システム。小さいドーム型スクリーンにVR映像を投影し、利用者は椅子に座った状態で視聴する。椅子の動きに合わせて、VR映像も動く。リラックスした状態でVR映像が楽しめるという
ソニーがSXSWで初めて展示したVRゴーグルを使わないタイプのVR(仮想現実)体験システム。小さいドーム型スクリーンにVR映像を投影し、利用者は椅子に座った状態で視聴する。椅子の動きに合わせて、VR映像も動く。リラックスした状態でVR映像が楽しめるという
[画像のクリックで拡大表示]
NTTの展示の目玉は、大阪大学の石黒浩教授がプロデュースするロボットと人間の自律的な会話のデモ。写真の中央だけでなく左もロボットで、右の人間と合わせて3人で自律的な会話を行っていた
NTTの展示の目玉は、大阪大学の石黒浩教授がプロデュースするロボットと人間の自律的な会話のデモ。写真の中央だけでなく左もロボットで、右の人間と合わせて3人で自律的な会話を行っていた
[画像のクリックで拡大表示]
トランプ政権の影響が垣間見えたSXSW2017(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
トランプ政権の影響が垣間見えたSXSW2017(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
パナソニックは「Panasonic House」という名称で家電と未来の暮らしをテーマに展示。写真は料理の状態でもカロリーや栄養素を計測できるデバイス
IBMも建物を貸し切って展示イベントを開催
IBMも建物を貸し切って展示イベントを開催
[画像のクリックで拡大表示]
デルのラウンジでは、音楽ライブが開催されていた。このほかAMDやリーバイス、アディダスなどがラウンジを提供していた
デルのラウンジでは、音楽ライブが開催されていた。このほかAMDやリーバイス、アディダスなどがラウンジを提供していた
[画像のクリックで拡大表示]
トランプ政権の影響が垣間見えたSXSW2017(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
トランプ政権の影響が垣間見えたSXSW2017(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
こちらは企業のラウンジではなく、有料入場者が利用できるラウンジ。1日1本ドリンクを無料で配布している。ビール「BUD LIGHT」も配布されており、パッケージがSXSWの特別仕様だった