ソニーの新機軸リモコン「HUIS」は何がスゴい? 居間のすべてのリモコンを1台に集約できる(画像)

ソニーの新機軸リモコン「HUIS」は何がスゴい? 居間のすべてのリモコンを1台に集約できる

2016年03月14日
  • 電子ペーパーをベースとしたソニーの学習リモコン「HUIS REMOTE CONTROLLER」。価格は2万7950円(税込み)
  • ソニーの一般的な学習リモコン「RM-PLZ530D」(3130円)。見た目のデザインなどは一般的なリモコンとほぼ同じ
  • ラトックシステムのクラウド型リモコン「REX-WFIREX1」(1万3000円)。左側が赤外線を発信する本体部分で、スマホのアプリを使って各機器を操作する
  • HUISは凹凸のないフラットなデザインを採用しているほか、使わないときは立てた状態で置くことも可能。持ちやすさだけでなく、空間との調和も意識している
  • 自宅リビングにあるテーブルの現状。右からテレビ、有線放送のセットトップボックス、エアコン、ミニコンポ、ブルーレイプレイヤーと5つのリモコンが並ぶ
  • ソニーの新機軸リモコン「HUIS」は何がスゴい? 居間のすべてのリモコンを1台に集約できる(画像)
  • リモコンごとに画面を切り替えて操作できる(上)。さらに、カスタマイズ機能で使いたいボタンを組み合わせた画面を作ることも可能(下)
  • HUISでリモコンをひとまとめにすればここまですっきり!
  • ソニーの新機軸リモコン「HUIS」は何がスゴい? 居間のすべてのリモコンを1台に集約できる(画像)
  • ソニーの新機軸リモコン「HUIS」は何がスゴい? 居間のすべてのリモコンを1台に集約できる(画像)
  • 充電用のmicroUSB端子を本体底部に装備。本体のバージョンアップなどでパソコンと接続する際にも利用する
  • 本体下部には、スマホのホームボタンのようなボタンもある(左)。ここをタッチすると登録したリモコンの一覧画面を表示(右)。登録数が多いほど、切り替えがスムーズになる
  • パソコンソフトでは、右図のような幅広いカスタム画面が作れる予定