パソコンでの画面カスタマイズも

 今回HUISを使って感じたのは、テーブルがすっきりしたという気分の良さと、わざわざリモコンを持ち替える必要がないという手軽さだ。テレビとエアコンの2つぐらいしかリモコンがない人であれば無理にHUISを使うこともないが、それ以上のリモコンがある人なら使う価値はあると感じる。

本体下部には、スマホのホームボタンのようなボタンもある(左)。ここをタッチすると登録したリモコンの一覧画面を表示(右)。登録数が多いほど、切り替えがスムーズになる
本体下部には、スマホのホームボタンのようなボタンもある(左)。ここをタッチすると登録したリモコンの一覧画面を表示(右)。登録数が多いほど、切り替えがスムーズになる
[画像のクリックで拡大表示]

 また、HUISの特徴であるボタンのカスタマイズ機能も、なかなか興味深い。シンプルに使いやすいボタン配置に変えるだけでもその効果は実感できるし、ライフスタイルにあわせたリモコン画面を構成できるのは面白い。

 ただ、現時点ではまだリモコン本体のみでしか設定を変更できないため、細かいカスタマイズができない。ボタンの入れ替えなどで手間取る部分があったのは少々残念だった。

 ただ、HUISのカスタマイズがパソコンでできるソフトウエアが今年の春にリリースされる予定となっている。マウスとキーボードで快適に設定変更できるのはもちろん、現状ではまだ非対応のボタンサイズやデザインの変更なども可能になるため、その魅力はより一層高まるはずだ。ある意味、このソフトウエアが出ることで、やっとHUISがその真価を発揮するといえるのかもしれない。

パソコンソフトでは、右図のような幅広いカスタム画面が作れる予定
パソコンソフトでは、右図のような幅広いカスタム画面が作れる予定
[画像のクリックで拡大表示]

 既存の学習リモコンと違い、ファームウェアのアップデートで機能改善や新機能の追加に対応できるのがHUISのメリットである。また現状では利用できないが、今後の機能拡張を見すえたBluetoothも実は搭載されている。ぜひとも、これらの機能をうまく活用できるような今後の発展に期待したい。

(文/近藤 寿成=スプール)