エンジン戦略で「強みのあるゲーム会社」に

――ゲーム会社としての“強み”というのは、どういうものを想定しているのですか。

田中氏: グリーでは「エンジン戦略」と名付けている大きな戦略があります。スマホ向けゲームの中でも、ある特定のゲームジャンルに強いゲーム会社になるというものです。その1つに「2DアクションRPGゲームに強い会社になる」という目標を掲げています。

 あるジャンルのゲーム制作に強くなるということは、そのジャンルを継続的に、反復的に作り続けていくことで、知見をためていかなければならないと思うんですよね。それが、プログラムパーツのストックというか、作るためのノウハウという“エンジン”だと思います。

 そうした“エンジン”を使って、『追憶の青』のような2DアクションRPGを作り続けていくスタジオになる、というのが大きな目標です。実際、2017年にリリースする予定のタイトルは、シンフォニックバトルRPG『戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED』、音と魔法の学園RPG『ららマジ』、時空を超える冒険RPG『アナザーエデン 時空を超える猫』、3Dアクション『武器よさらば』――と、RPGやアクションゲームばかりです。得意なゲームはアクション、RPGゲームだと周囲から認められるように、その路線を推し進めていく覚悟です。

 強力なIPを持っていないゲーム企業は、ホラーゲームを作らせたらピカイチだとか、シミュレーションゲームを作るならこの会社だ、といった「得意ジャンル」を確立しなければならないと思っています。家庭用ゲームやPCゲーム業界ではそうした強みを持ったゲーム会社はありますが、スマホ業界はまだ混とんとしていて、まだまだできることがあると思っています。

『戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED』 (C)Project シンフォギア (C)Project シンフォギアG (C)Project シンフォギアGX (C)bushiroad All Rights Reserved. (C)Pokelabo, Inc.
『戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED』 (C)Project シンフォギア (C)Project シンフォギアG (C)Project シンフォギアGX (C)bushiroad All Rights Reserved. (C)Pokelabo, Inc.
[画像のクリックで拡大表示]
『ららマジ』 (C) Wright Flyer Studios / (C)A-1 Pictures
『ららマジ』 (C) Wright Flyer Studios / (C)A-1 Pictures
[画像のクリックで拡大表示]

――そうした強みが海外戦略に役立つということですか。

田中氏: ゲーム会社としての強みを持つことで、強力なIPを持った企業からパートナーとして選んでもらえるようになるわけです。日本のIPホルダーから見て、全世界同時販売・運営できるスマホゲーム制作会社はそうそうあるわけじゃありませんから、この戦略を推し進めていきたいと考えています。

 国内よりも海外で成功するゲームは存在しますよね。欧米で売れるゲームは、欧米のスタジオで制作しなければならないわけじゃなくて、日本のスタジオが日本人向けのテイストで作ったゲームだって、売れることもあります。そういうアプローチもあるという考え方でも海外市場を開拓していきます。

 もちろん、買収した『DragonSoul』のように、欧米スタジオが欧米市場を狙って作ったタイトルも大事です。実際、米国グリーのスタジオが2017年に新しいスマホゲームを作る計画で進んでいます。ゲームに対するリアリティーの求め方が、日本マーケットとはちょっと違う部分もありますからね。

 例えば、現代戦要素でも、ゾンビのようなホラー要素でも、結構日常的なテーマとして捉えているんですね。日本じゃファンタジー要素が強くなってしまう(笑)。だから、武器のネーミングなども、グッとリアリティーが上がる。言語の壁ではなくて、感性の問題だと思います。

 ただ、先ほど申し上げたように、日本向けゲームにもかかわらず、このゲームがやりたいんだという海外ユーザーは日本マーケット並みにいらっしゃる。そんなにボリュームがあるんだ、というのが最近の発見ですね。各地域にローカライズしていない日本的なゲームを求めてもらえるという、ありがたい時代に入ったと考えています。

『アナザーエデン 時空を超える猫』 (C) Wright Flyer Studios
『アナザーエデン 時空を超える猫』 (C) Wright Flyer Studios
[画像のクリックで拡大表示]
『武器よさらば』 (C) Wright Flyer Studios
『武器よさらば』 (C) Wright Flyer Studios
[画像のクリックで拡大表示]