「パズドラチャレンジカップ闘会議2018」からスタート

 闘会議2018で最初に行われたJeSU公認大会は「パズドラチャレンジカップ闘会議2018」。1月19~24日にわたって開催された「パズドラレーダーランキングバトル『闘会議2018予選杯』」で上位入賞した8人のプレーヤーが戦い、上位3人に「パズドラ認定プロライセンス」の権利が授与された。

 パズドラレーダーはあらかじめゲームでゲットしたモンスターを使ってパーティーを編成し、相手プレーヤーと戦う。ゲームは「スキルフェーズ」と「パズルフェーズ」を繰り返し、4つのゲージで表示された相手のHPをより早くゼロにした側の勝ちとなる。各モンスターにはスキルが設定されていおり、どういう組み合わせでパーティーを編成し、どのようにスキルを発動させ、いかに効率よくコンボを決めるかが勝負の分かれ目だ。

 1回戦は1本先取、準決勝と決勝では2本先取の勝ち抜き戦だが、1回戦から激戦が続いた。第3試合では予選1位通過のスー☆選手と3位通過のけーば選手が戦うという組み合わせの妙や、両者とも10コンボを組む見事なプレーの連発で、かなり盛り上がった。

 また、予選を2位で通過したリフレッシュ選手は7コンボ以上で攻撃力が6倍にアップするという「ナルガクルガアーマー」を効果的に使用。4秒という限られた時間で13、15と豪快なコンボを連発し、強烈な存在感を放った。

 決勝ではそのリフレッシュ選手と1位通過のスー☆選手が激突。スー☆選手はそれまで使用していなかった秘蔵のパーティーを繰り出すも不発。リフレッシュ選手に先手を許してしまったが、2セット目からは使い慣れたパーティーに戻し、使用スキルを効果的に発揮させることで、2セットを連取し、見事、初の日本一の栄冠に輝いた。

 結果、パズドラ認定プロライセンスの権利は、優勝したスー☆選手、準優勝のリフレッシュ選手、3位決定戦の勝者であるみゅあら選手の3名に授与された。

「パズドラチャレンジカップ闘会議2018」。事前に開催された予選の上位8人がこの舞台に立った。3位決定戦では、★☆のっぴ☆★選手とみゅあら選手が激突
「パズドラチャレンジカップ闘会議2018」。事前に開催された予選の上位8人がこの舞台に立った。3位決定戦では、★☆のっぴ☆★選手とみゅあら選手が激突
[画像のクリックで拡大表示]
7コンボ以上で攻撃力が6倍にアップするという「ナルガクルガアーマー」を用いたみゅあら選手の11コンボが炸裂! 巨大スクリーンにはニコニコ動画のリアルタイム配信と同じ映像が映し出されていた。試合中の選手たちの表情や、配信視聴者のコメントも流れ、なかなかの臨場感
7コンボ以上で攻撃力が6倍にアップするという「ナルガクルガアーマー」を用いたみゅあら選手の11コンボが炸裂! 巨大スクリーンにはニコニコ動画のリアルタイム配信と同じ映像が映し出されていた。試合中の選手たちの表情や、配信視聴者のコメントも流れ、なかなかの臨場感
[画像のクリックで拡大表示]
MCはハライチの岩井勇気氏と、最上もが氏。ほかにゲーム実況をOooDa氏、解説を『パズル&ドラゴンズ』の攻略動画などで知られるYouTuber、コスケ氏が務めたほか、ゲストとして声優の村瀬 歩氏も登壇。大会を盛り上げていた
MCはハライチの岩井勇気氏と、最上もが氏。ほかにゲーム実況をOooDa氏、解説を『パズル&ドラゴンズ』の攻略動画などで知られるYouTuber、コスケ氏が務めたほか、ゲストとして声優の村瀬 歩氏も登壇。大会を盛り上げていた
[画像のクリックで拡大表示]
決勝に進出したリフレッシュ選手にコメントを求める、最上もが氏と岩井勇気氏
決勝に進出したリフレッシュ選手にコメントを求める、最上もが氏と岩井勇気氏
[画像のクリックで拡大表示]
スー☆選手は第1セットに「太陽神・ラー=ドラゴン」を中心とした秘蔵のパーティーで挑むが……
スー☆選手は第1セットに「太陽神・ラー=ドラゴン」を中心とした秘蔵のパーティーで挑むが……
[画像のクリックで拡大表示]
第1セットを落とした後、第2、第3セットと連取し、優勝を決めたスー☆選手は、その瞬間にこの笑顔
第1セットを落とした後、第2、第3セットと連取し、優勝を決めたスー☆選手は、その瞬間にこの笑顔
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の闘会議2018では、「パズドラチャレンジカップ闘会議2018」を含む5つの公認大会が開催され、計15人のプレーヤーにライセンスが発行された。JeSUが条件を定める例外的ライセンス発行(過去の公認大会で著しく優秀な成績を収めている人をメーカーが推薦することなどによって決まる)の対象を含めると、プロライセンス発行総数は46人、8チームになった。

 また、闘会議2018全体での賞金総額は2815万円と、行われた大会の数を考えるとまだまだ高額とは言えないが、これが1つの実績になったことは確かだ。今後さらに実績を積み重ねていくことで話題性は高まり、スポンサーも付いて賞金が高額化していくことが期待できる。