R11sはAI技術を活用し、254のポイントから得た顔の特徴と、年齢や性別、肌の色などから適切な美肌効果を適用する仕組み
R11sはAI技術を活用し、254のポイントから得た顔の特徴と、年齢や性別、肌の色などから適切な美肌効果を適用する仕組み

世界4位のスマホメーカー、中国・OPPOはどんな会社か

2018年02月09日
  • 「R11s」で日本進出を果たした中国メーカーのOPPO。日本での知名度は低いものの、アジアの新興国を中心にシェアを拡大し、世界4位の販売シェアを持つ企業だ
  • AV機器を手掛けるOPPO Digitalは先に日本進出を果たしており、OPPO日本法人の取締役としてOPPO Digital Japan社長の河野謙三氏が加わっている
  • R11sは2000万画素と1600万画素のデュアルカメラを搭載しているが、昼と夜とで撮影するカメラを使い分けるというユニークな活用をしている
  • R11sはAI技術を活用し、254のポイントから得た顔の特徴と、年齢や性別、肌の色などから適切な美肌効果を適用する仕組み
  • 独自の急速充電技術「VOOC」も、OPPOの人気を高めた大きな要素の1つとなっている
  • 世界4位のスマホメーカー、中国・OPPOはどんな会社か(画像)