元々はAV機器メーカーだったOPPO

 とはいえ、日本ではOPPOの知名度は決して高いとはいえない。知らないという人も多いだろう。

 OPPOは2004年に設立された非常に新しい企業であり、元々はDVDプレーヤーやMP3プレーヤーなどを手がけていた。だが2008年に携帯電話事業に参入して以降、携帯電話メーカーとして急速に成長。現在は中国のほか、アジアの新興国を中心に30の国や地域の市場に進出し、事業規模を拡大しているようだ。

 そうした経緯もあり、現在OPPOのブランドには、携帯電話事業を手がける「OPPO」と、AV機器を手がける「OPPO Digital」の2つがある。このうちOPPO Digitalは、既に日本に進出しており、オーディオ市場で一定のポジションを築いてきた。OPPOの日本法人であるOPPO Japanには、OPPO Digital Japan社長の河野謙三氏も取締役として参加している。

AV機器を手掛けるOPPO Digitalは先に日本進出を果たしており、OPPO日本法人の取締役としてOPPO Digital Japan社長の河野謙三氏が加わっている
AV機器を手掛けるOPPO Digitalは先に日本進出を果たしており、OPPO日本法人の取締役としてOPPO Digital Japan社長の河野謙三氏が加わっている
[画像のクリックで拡大表示]