プロライセンス発行の条件が決定

 今後、JeSUは国内におけるeスポーツ産業の普及と発展を目的とし、eスポーツに関する調査、研究、競技大会の普及、プロライセンス発行と大会の認定、選手の育成支援と地位向上などを行う。

 この中でも大きいのが、プロライセンスの発行と大会の認定だ。プロライセンスの発行は、ゲームタイトル単位。2月10日、11日に開催される日本最大級のゲームイベント「闘会議 2018」では、6タイトルについて、第1回プロライセンス発行大会を実施する予定だ。

 JeSU理事の浜村弘一氏(Gzブレイン社長)によると、プロライセンスは、JeSUが提示するプロゲーマーの定義――高いパフォーマンスを観客に示して報酬を得るプロとしての自覚を持つこと、スポーツマンシップにのっとり、フェアなプレーを心がけること、プレー技術の向上に向け、日々精進すること、国内のeスポーツ発展に寄与すること――に誓約し、JeSUが認定した公認大会において公認タイトル競技で優秀な成績を収めたうえ、JeSUが指定する講習を受けたプレーヤーに発行されるとのこと。

Gzブレイン社長を務める浜村弘一氏も、JeSUの理事の1人として登壇。JeSUのプロライセンスの内容などを具体的に説明した
Gzブレイン社長を務める浜村弘一氏も、JeSUの理事の1人として登壇。JeSUのプロライセンスの内容などを具体的に説明した
[画像のクリックで拡大表示]

 また、ライセンスは、「15歳以上で義務教育課程を修了している者を対象」とした「ジャパン・eスポーツ・プロライセンス」と、「13歳以上15歳未満で、プロライセンス発行に値する者を対象」とした「ジャパン・eスポーツ・ジュニアライセンス」の2つに分かれる。大きな違いは賞金の有無。ジュニアライセンスは、賞金が獲得できず、代わりにパソコンやデジカメ、ゲーム機といった「高額ではない賞品」の獲得は可能だ。15歳に達した時点で本人と保護者の意思を確認のうえ、プロライセンスを発行するという。

 かねてから議論を呼んでいた「既にプロとして活動している人たちをどう扱うのか?」という問題についても、一定の回答が出た。浜村氏は「例外的ライセンスの発行」として、ライセンス発行開始時から過去に遡り、公認タイトルの大会で著しく優秀な成績を収めている人には、例外的にライセンスを発行するという。ただし、発行にはIPホルダー(ゲームメーカー)の推薦が条件となる。

 チームで戦う競技向けに、JeSUではチームライセンスの発行も予定している。チームライセンスの対象になるには、法人格を持ち、国内外を問わずに獲得した実績をIPホルダーが認め、JeSUが承認したチームであることが条件。チーム内にライセンス保有者が1人以上いれば、JeSU公認の賞金付き大会に出場することもできるが、その場合、賞金がもらえるのはライセンス保持者だけになるという。