日本のメーカーが前に出るためには国のバックアップも必要

 後半の西田氏との対談では、「なぜ日本からはベンチャー企業がCESに出てこないのか。また、せっかく出てきたのになぜお金だけ出して、へんぴな場所に押し込められているのか?」という質問が上がった。

 「CESに行った人は見慣れていると思いますが、日本勢を集めたブースは、新設されたへんぴなエリアにあります。明確に言える事実は『国のバックアップがない』ことです。フランスもオランダもイスラエルも全面的な国のバックアップでCES事務局とやり取りをして、場所を勝ち取ったというのが大きいと推察されます。それから動いた時期が圧倒的に遅かったですね。1年以上前に交渉しないといい場所が取れないので、来年に期待したいですね」(岩佐氏)

Cerevo岩佐氏、スタートアップはもっとCESに出るべき(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 「JETRO(日本貿易振興機構)との連携はできないのか」と質問する西田氏に対し、岩佐氏は「うちはJETROのブースで(CESに)出したことがありますが、フランスやオランダとは見ているものが違いますね」と語る。

 「(日本は)中小企業振興と地域企業新興という意識が強くて、国を挙げてスタートアップを応援しようという意識とは若干異質なものに感じます。地方でやっている物産展みたいなものですね。お互いに連携しつつ、もうちょっと本気になってやらないといけないと思いますね」(岩佐氏)