ママチャリで全力の立ちこぎ

 インディーゲームコーナーで感動した歌広場さんは、さらなる新体験を求めてゲームスクールコーナーへ。ここにはゲームの専門学校生たちが開発したゲームが並ぶ。そこで目に飛び込んできたのはなんとママチャリだった。

東京ゲームショウにママチャリ
東京ゲームショウにママチャリ
[画像のクリックで拡大表示]

 ママチャリを使ったVRゲーム、その名も『ママチャリオット』。ママチャリをこぐと自身の戦車から弾が発射、こげばこぐほど敵を倒せるという内容らしい。

「あははは! なるほどね」
「あははは! なるほどね」
[画像のクリックで拡大表示]
「おりゃー!」全力疾走する歌広場さん。立ちこぎ(笑)
「おりゃー!」全力疾走する歌広場さん。立ちこぎ(笑)
[画像のクリックで拡大表示]
「何この順位!? かなり本気でこいだのに!」
「何この順位!? かなり本気でこいだのに!」
[画像のクリックで拡大表示]

 明らかに本気の立ちこぎにオーディエンスは大爆笑。学生たちも大盛り上がり。しかし結果は、これまで試遊した52人中22位。

 これには歌広場さんも「嘘でしょ!? ずっと立ちこぎだったよ!?」と猛抗議(大人げない)。「1位はオカンあるな。ガチのママチャリ勢しか無理でしょ(笑)」

 格闘ゲーマーの歌広場さんは、実はこれがVRゲーム初体験だったとか。どうせ360度見渡せるんでしょ、くらいに思っていたというが、「これはアイデア1本で勝負しているところがいい。ママチャリだし、動作は単純だし、バカバカしくて見た目が面白い。ママチャリをやってる本人は真剣なのに、周りは爆笑。それがVRの面白さでもあるとわかりました」と、VRに興味が湧いたと話す。