さらにありえないキムタクの姿が!

 ストーリーを進めていくと、そんなキムタクに虎が襲いかかってくる。

「ちょっと待ってよ! 虎と戦ってるよ!」
「ちょっと待ってよ! 虎と戦ってるよ!」
[画像のクリックで拡大表示]
「今、虎に向かって“手加減しねーぞ”って言った~(笑)」
「今、虎に向かって“手加減しねーぞ”って言った~(笑)」
[画像のクリックで拡大表示]

 笑い転げてゲームどころではない歌広場さん。はい、試遊はここまで。一応聞いておきますが……大きな話題を呼んでいるJUDGE EYES:死神の遺言を実際にプレーしてみてどうでしたか?

 「本当にヤバイですね。これはやったほうがいい。絶対イヤホンをしてやってほしい。木村さんの声と姿を体感してほしいです。だってお店の看板を木村さんが振り回してチンピラをやっつけるんですよ(笑)」と、ここでも爆笑する歌広場さん。「誤解されては困るので言っておきますが、すごく褒めているんですよ! それだけリアリティがあるってことだし、でも現実にはあり得ない体験ができるし。これってゲームならではの魅力じゃないですか」と話し、ゲームとしての完成度の高さに驚いたという。

 また、「ストーリーを続けるうちに感情移入するはずだから、きっとみんな木村さんのファンになるはずですよ。ゲームの主人公には自分を重ねるものだから」とも話してくれた。

(文/津田昌宏、写真/小林 伸、ヘアメイク/戸倉陽子)