前回の「ストリートファイター」の興奮が冷めないゴールデンボンバー(金爆)の歌広場さんは、なかなかカプコンブースから離れようとしない。おや? 何かを見つけたようだ。向かった先には、9月20日にダウンロード版が発売されたばかりの『カプコン ベルトアクション コレクション』があった。

 本作は、同社のベルトスクロールアクションゲーム7作品を1本にまとめたもので、『ファイナルファイト』や『ザ・キングオブドラゴンズ』など往年の人気アーケード作品が収録されている。コンシューマー機に初移植となる作品も2本あり、古参プレーヤーにとってはうれしいタイトルとなっている。

早速『ファイナルファイト』をプレーする歌広場さん
早速『ファイナルファイト』をプレーする歌広場さん
[画像のクリックで拡大表示]
実は事前にコントローラーの操作方法を教わっていた。なぜなら初めてNintendo Switchを触るから!
実は事前にコントローラーの操作方法を教わっていた。なぜなら初めてNintendo Switchを触るから!
[画像のクリックで拡大表示]

 ベルトスクロールアクションは、ゲームは横方向に進めていくが、キャラは横方向にも縦方向にも動く。そのため攻撃の当て感を掴むのに少し時間がかかる。あれだけ遊んだ懐かしい『ファイナルファイト』も、久しぶりにプレーすると思うように攻撃が当たらない。

「うわ! 超懐かしい!」とはしゃぐ歌広場さんだが、隣の20代カプコンスタッフとの温度差は否定できない
「うわ! 超懐かしい!」とはしゃぐ歌広場さんだが、隣の20代カプコンスタッフとの温度差は否定できない
[画像のクリックで拡大表示]
攻撃の当て感を思い出し、徐々にのめり込んでいく
攻撃の当て感を思い出し、徐々にのめり込んでいく
[画像のクリックで拡大表示]

 “デヤー”っと敵を倒していき、第1ステージのボスも無事撃破。「もうコツを思い出した。ノーダメでいきます」と言っていたが、さすがにそれは達成できなかったものの、格ゲーで鍛えたゲーム神経を随所に発揮していた。

自分のライフを削って敵を倒す、会心の“デヤー”が炸裂(ノーダメ宣言はどこいった!?)
自分のライフを削って敵を倒す、会心の“デヤー”が炸裂(ノーダメ宣言はどこいった!?)
[画像のクリックで拡大表示]
とはいえボスを撃破するあたり、ゲームの腕前はさすが!
とはいえボスを撃破するあたり、ゲームの腕前はさすが!
[画像のクリックで拡大表示]

懐かしの『天地を喰らう2』にしみじみ

 続いて、本作に収録されている『天地を喰らう2 赤壁の戦い』をプレーすることに。「これやってたー! 懐かしすぎる」と、少年時代を思い出しながらしみじみとプレーする歌広場さん。

アーケードで楽しんでいたという「天地を喰らう」を試遊
アーケードで楽しんでいたという「天地を喰らう」を試遊
[画像のクリックで拡大表示]

 ゲーム内容としてはひたすら敵を倒していくだけなのだが、思わず夢中になってしまう魅力がベルトアクションゲームにはある。敵に囲まれるとボコられるので一瞬たりとも気が抜けないし、やられるともちろん悔しい。思い出補正を抜きにしても、これだけ作品にバリエーションがあれば十分楽しめるはずだ。

 すると突然、Switch本体をスタンドから引き抜く歌広場さん。「Switchやべー! これゲームやりながらトイレ行けるじゃん!」と、初めて触るSwitchのほうに興味津々。アーケードゲームで楽しんだ作品を、携帯機でいつでもどこでも遊べる感覚が新鮮だったようだ。

「天地を喰らいながらトイレも行ける!」
「天地を喰らいながらトイレも行ける!」
[画像のクリックで拡大表示]
最初のステージをクリアして次ステージへ。歌広場さん歓喜!
最初のステージをクリアして次ステージへ。歌広場さん歓喜!
[画像のクリックで拡大表示]

 レトロ感あふれるベルトスクロールアクションを満喫した歌広場さん。その感想は?

 「ベルトアクションといえばカプコン。最新ゲームはもちろんだけど、昔のゲームもやってほしいというカプコンの想いや歴史を感じる作品でした。今回プレーしたのはどちらも名作。それをスイッチでやるというのが新しいですよね。往年のファンにも、そうじゃない若い人にも面白さを届けようとしているんだなと思います。でも試遊している人は、やっぱり年齢が高めでしたね(笑)。いや待てよ、ゲームから離れていた世代が最新ハードに触れる機会にもなるし、もしかするとそれすらも狙いかも!?」(歌広場さん)

カプコンブースでもらったノベルティバッグを背負い、バイオハザード前で謎の土下座。メジャータイトルに弱い男、歌広場淳
カプコンブースでもらったノベルティバッグを背負い、バイオハザード前で謎の土下座。メジャータイトルに弱い男、歌広場淳
[画像のクリックで拡大表示]
「この袋は背負えるから両手が空いて便利。カプコンはそこまで考えているのでは?」思慮深い男、歌広場淳
「この袋は背負えるから両手が空いて便利。カプコンはそこまで考えているのでは?」思慮深い男、歌広場淳
[画像のクリックで拡大表示]

(文/津田昌宏、写真/小林 伸、ヘアメイク/戸倉陽子)