通路を塞ぐ勢いで集まる人、人、人……! 性別や世代、ゲームの趣味趣向も一見ばらばらに見える皆さんのお目当ては、セガゲームスのステージで行われる『ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』(PQ2)のスペシャルトークショウだ。

イベント開始前からステージ前はすし詰め状態……
イベント開始前からステージ前はすし詰め状態……
[画像のクリックで拡大表示]

 PQ2は『ペルソナ5』のキャラクターを中心に、『ペルソナ3』と『ペルソナ4』の登場人物たちが夢の共演を果たした『ペルソナQ』の第2弾。トークショウには、本作のプロデューサー・ディレクターである金田大輔氏、司会進行役のフリーアナウンサー・松澤千晶さんのほか、主要キャラクターの声を担当した声優陣がゲストとして登壇した。

 ゲスト声優は、『ペルソナ5』主人公役の福山潤さん、主人公の相棒で“しゃべる猫”ことモルガナ役の大谷育江さん、『ペルソナ4』天城雪子役の小清水亜美さん、『ペルソナ3』女性主人公役の井上麻里奈さん。会場の人だかりに驚いた大谷さんは、「(イスに)座ったら見えなくなっちゃうんじゃないですか? 見えます~?」と会場に呼びかけた。

あまりの混雑に「後ろの方、見えます~?」とイベント参加者を気遣う出演者の皆さん。大谷さんはトーク中の声もモルガナ100%。ファンには堪らない……
あまりの混雑に「後ろの方、見えます~?」とイベント参加者を気遣う出演者の皆さん。大谷さんはトーク中の声もモルガナ100%。ファンには堪らない……
[画像のクリックで拡大表示]

 総勢28人のキャラクターが登場する『PQ2』。ナンバリングを超えたキャラ同士の会話も見どころの一つだ。収録について聞かれた福山さんは、「僕らは他の人たちほど台詞は多くないんですが、ゲームの主人公役には別の大変さがあります。いろんなパターンの“息”をやらないといけないんですよ」と苦労した点を語った。

 『ペルソナ3』で女性主人公役を演じた井上さんも、「主人公はペルソナの名前を叫ぶんですが、私が演じていたときよりもペルソナの数がかなり増えているんですよ。読み方とかも分からなくなってくるので、私は福山さんの声を聞いておうむ返しでやりました!」と収録の裏側を明かした。

 本作で“女性主人公”を登場させることになった経緯について、金田プロデューサーは「2016年にペルソナの20周年フェスを開催した際、ユーザーの皆さんにいろいろ思い出の絵を描いていただいたんです。その絵はしばらく開発ルームに貼っておいたんですが、本作について悩んでいたときに、そこに描かれていた女性主人公と目が合ったんですよ」と意外なきっかけを語った。

(写真左から)プロデューサー・ディレクターである金田大輔氏、声優の大谷育江さん、仮面をつけて登場した福山潤さん、井上麻里奈さん、小清水亜美さん、フリーアナウンサーの松澤千晶さん
(写真左から)プロデューサー・ディレクターである金田大輔氏、声優の大谷育江さん、仮面をつけて登場した福山潤さん、井上麻里奈さん、小清水亜美さん、フリーアナウンサーの松澤千晶さん
[画像のクリックで拡大表示]