来場者に与えられた時間は25分。その時間内ならどのモードをどれだけ遊んでも構わないので、ストーリーモードを早々に終わらせてミニゲームを楽しむのも手。ともあれ、TGS2018へ訪れたら、ぜひセガゲームスのブースでこの体験版を楽しんでほしい。なお、既報の通り、ソニー・インタラクティブエンタテイメント(SIE)にも2台の試遊台が置かれているので、タイミング次第ではそちらも狙い目かも!?

弁護士バッヂを外し、探偵として生きる八神。ストーリーモードでは、借金を取り立てるため、見知らぬ同業者を尾行するシーンが描かれている。
弁護士バッヂを外し、探偵として生きる八神。ストーリーモードでは、借金を取り立てるため、見知らぬ同業者を尾行するシーンが描かれている。
[画像のクリックで拡大表示]
多くの来場者の注目を集める『JUDGE EYES:死神の遺言』。試遊台は多数用意されているが、並ぶのは必至。耐えて待て!
多くの来場者の注目を集める『JUDGE EYES:死神の遺言』。試遊台は多数用意されているが、並ぶのは必至。耐えて待て!
[画像のクリックで拡大表示]
セガゲームスブースを訪れたら配布されている大型ショップバッグと特製パンフレットもぜひゲットしたいところ。
セガゲームスブースを訪れたら配布されている大型ショップバッグと特製パンフレットもぜひゲットしたいところ。
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/稲垣宗彦)