セガゲームスのメインステージには9月20日、「龍が如くスタジオ」の新作『JUDGE EYES:死神の遺言』の名越稔洋総合監督が登壇。同タイトルの魅力と最新情報を、KICK THE CAN CREWのMCU氏とともに語った。

ステージに登壇したのはこの3人。左から名越稔洋総合監督、KICK THE CAN CREWのMCU氏、そして司会を務めた“ミス日本酒”の岡崎奈々氏
ステージに登壇したのはこの3人。左から名越稔洋総合監督、KICK THE CAN CREWのMCU氏、そして司会を務めた“ミス日本酒”の岡崎奈々氏
[画像のクリックで拡大表示]

 12月13日にPlayStation4での発売が決定している『JUDGE EYES:死神の遺言』は、多くのファンを抱える『龍が如く』のシステムを踏襲したリーガルサスペンスアクションだ。主演に木村拓哉さんを迎えたことで大きな話題を呼んでいる。名越監督はゲーム映像だけでなく、木村さんを開発スタジオに招いて行った3Dモデルの作成シーンなどの貴重な映像を交えつつ語った。

ステージのスクリーンでは木村拓哉氏が参加して進められた開発時の光景も紹介された。ファンにはこれだけでも見る価値あり!
ステージのスクリーンでは木村拓哉氏が参加して進められた開発時の光景も紹介された。ファンにはこれだけでも見る価値あり!
[画像のクリックで拡大表示]

 木村さんが演じる主人公・八神隆之は、とある事件を契機に失意に沈み、やさぐれていた敏腕弁護士という役どころ。“リーガルサスペンス”として法律関係の整合性、リアリティーを失うことなくエンターテインメントに満ちたシナリオを用意するのは『龍が如く』とはまた違った苦労があったとのこと。

 また、八神は弁護士としてだけでなく、探偵として与えられた条件からターゲットとなる人物を特定して尾行したり、浮気現場の証拠を押さえてお金を稼いだりと、『龍が如く』では見られなかった行動も求められるという。

木村拓哉さんを含めた各出演者に関するエピソードなども披露しつつ、新作の魅力を語った名越監督。ステージの最後には9月下旬から放映される15秒のテレビスポットも公開された
木村拓哉さんを含めた各出演者に関するエピソードなども披露しつつ、新作の魅力を語った名越監督。ステージの最後には9月下旬から放映される15秒のテレビスポットも公開された
[画像のクリックで拡大表示]

あまりにリアルに再現された木村さんの姿に…

 本作には木村さんだけでなく、主要人物として、谷原章介さん、ピエール瀧さん、滝藤賢一さん、中尾彬さんといった実力派俳優陣も出演するが、ゲストとして登壇したMCU氏もまたレトロゲームを集めたゲームセンターの店長として出演するそうだ。

 『龍が如く』をプレーした際に夢中になりすぎて朝を迎えてしまったという逸話を持つMCU氏は、「龍が如くスタジオ」作品への出演が叶い、感無量の様子。また、あまりにリアルに再現された木村さんの姿に「ちょ待てよ」の台詞が作中に登場するのかどうか、非常に気に掛けていたのが印象的だった。名越監督はそれに対して明言は避けていたものの、その反応を見るともしかしたら……?

「龍が如くスタジオ」のファンを公言するKICK THE CAN CREWのMCU氏。新作への期待などを語る姿からは名越監督が手がける一連の作品に対する愛が溢れていた
「龍が如くスタジオ」のファンを公言するKICK THE CAN CREWのMCU氏。新作への期待などを語る姿からは名越監督が手がける一連の作品に対する愛が溢れていた
[画像のクリックで拡大表示]
一部ゲームファンからは「キムタクが如く」とも呼ばれる『JUDGE EYES:死神の遺言』。木村拓哉氏演じる八神を自由に操作し、猟奇殺人の謎に挑む
一部ゲームファンからは「キムタクが如く」とも呼ばれる『JUDGE EYES:死神の遺言』。木村拓哉氏演じる八神を自由に操作し、猟奇殺人の謎に挑む
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、セガゲームスのブースではデモ版の試遊台だけでなく、東京ゲームショウ2018向け特別公開のロングバージョントレイラーが見られるシアターも用意されている。さらに八神隆之が大きく描かれた大型ショップバック、トレイラーを視聴した人には特製パンフレットも配布されるので、「龍が如く」シリーズのファンだけでなく、木村さんのファンには見逃せないスポットになっている。

 この名越氏が登壇する『JUDGE EYES:死神の遺言』のステージは21日と22日は13時半から、23日は14時からも予定されているので、TGS会場へ足を運ばれる際は、ぜひチェックしてみて欲しい。

シアターで公開されているロングバージョンのトレーラーを見た来場者には、特製パンフレットが配布される
シアターで公開されているロングバージョンのトレーラーを見た来場者には、特製パンフレットが配布される
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/稲垣宗彦)

この記事をいいね!する