いよいよ10月に発売が迫った『ストリートファイター30thアニバーサリーコレクション インターナショナル』。東京ゲームショウのブースでもプレイアブルを用意。『ストリートファイター(初代)』から『ストリートファイターIII 3rdストライク』までの日本版12タイトルすべてで遊ぶことができた。

配信を間近に控え、購入欲も高まっているはず。気になる人はここで遊んでおこう
配信を間近に控え、購入欲も高まっているはず。気になる人はここで遊んでおこう
[画像のクリックで拡大表示]
12タイトルもあるので、どれから遊ぶか迷うところ。ここは、一番遊んだ覚えのある「ストリートファイターII」シリーズから『スパIIX』を選択
12タイトルもあるので、どれから遊ぶか迷うところ。ここは、一番遊んだ覚えのある「ストリートファイターII」シリーズから『スパIIX』を選択
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の試遊では、『スーパーストリートファイターIIX』『ストリートファイターZERO3』『ストリートファイターIII 3rdストライク』の3タイトルをプレー。いずれもアーケード現役の時にリアルタイムで遊んでいた身としては手慣れたもの…のハズだった。

 『スーパーストリートファイターIIX』はコマンド入力がかなりシビア。『ストV』では簡易入力ができる。しっかり入力しなくてはならない『スパIIX』はまあ、難しい。この入力で、よくしゃがみ中キックからのファイナルアトミックバスターが出せたものだ。というか、立ちスクリューもなかなか出ない。あ、ちなみに使用キャラはザンギエフ。あと、昇龍拳が強すぎ。完全無敵であるのは当然として、攻撃の当たり判定大きすぎる。これを見ると、『ストV』のリュウ使いは本当に苦労しているのだなとわかる。

ちゃんと回しているつもりでもスクリューパイルドライバーは出てくれない。キャミィはガンガン必殺技だしてくるのに
ちゃんと回しているつもりでもスクリューパイルドライバーは出てくれない。キャミィはガンガン必殺技だしてくるのに
[画像のクリックで拡大表示]

 『ストリートファイターZERO3』も当時の記憶とはまったく違って、思ったような操作をするのがなかなか難しい。対戦格闘ゲームは年々コマンドやシステムが複雑化しているというが、いやいや現在の方がだいぶ遊びやすくなっている印象だ。

ボタン3つ押しで比較的出しやすい必殺技ダブルラリアットもたまに失敗したりする。こんなに入力シビアでしたっけ
ボタン3つ押しで比較的出しやすい必殺技ダブルラリアットもたまに失敗したりする。こんなに入力シビアでしたっけ
[画像のクリックで拡大表示]

 『ストIII 3rdストライク』は、思ったような感じで動かすことができた。ただ、この3タイトルの中では当時一番遊ばなかったタイトルなので、対戦ではまったく勝てる気がしないのは変わらないのだが。

『ストIII』ではヒューゴーを使ってみた。思ったよりコマンド技がでる。ようやく戦いらしくなってきた
『ストIII』ではヒューゴーを使ってみた。思ったよりコマンド技がでる。ようやく戦いらしくなってきた
[画像のクリックで拡大表示]

 こうやって12タイトルがいっぺんに遊べるのは、いろいろ違いがわかって面白い。タイトルを重ねるごとに自分の腕前が上がっているような気がしていたが、まったくの勘違い。それぞれのタイトルをやりこまないとうまくなれないというのが再確認できた。さすが「ストリートファイター」シリーズ。奥が深い。

 ほかにもいろいろ触ってみたかったが、残念ながらタイムアウト。ゲーム終了後は、カプコンブースおなじみのノベルティのゲットチャンス。『ストリートファイター30th』コーナーでは、オリジナルステッカーを配布している。ステッカーは各タイトルのポスター画やリュウの変遷。各タイトルのロゴなどがステッカーのモチーフとなっている。

ステッカーをゲット。とりあえずPCの天板かアケコンにでも貼ってみるか
ステッカーをゲット。とりあえずPCの天板かアケコンにでも貼ってみるか
[画像のクリックで拡大表示]

(文/岡安学、写真/志田彩香)

この記事をいいね!する