ストーリーは、プレーヤーが路地に倒れていた「チアキ」を助けるところから始まり、彼のいる収容施設を訪れたことで、ある事件の謎を追う恋愛サスペンス。ガラスに見立てたスマホの画面をタッチすると反応を返してくれる「面会」や、SNS形式で会話のやり取りができる「メッセージ」、彼の生活や様子が見られる「監視」などの機能があり、今回は面会でのコミュニケーションに「視線」が新しく登場した。

 スマホやタブレットの動きに合わせて、プレーヤーの視線が移動し、まるで実際にその場にいて彼を見ているかのような感覚が味わえる。プレー中の画面に目の形をしたアイコンが出てきたら、「視線」機能が発動。アイコンが表示されている時間は、視線を合わせたり目をそらしたりなど、端末を自由に動かせる。

ヘッドホンを装着し、いざ本編がスタート。看守の声すらイケメンで戸惑う。雨の音や木々がざわめいている音などもリアルだった
ヘッドホンを装着し、いざ本編がスタート。看守の声すらイケメンで戸惑う。雨の音や木々がざわめいている音などもリアルだった
[画像のクリックで拡大表示]
チアキのいる保護室で面会。「視線」を動かすために端末を体の左側へスライドさせ、「チアキ」を発見する
チアキのいる保護室で面会。「視線」を動かすために端末を体の左側へスライドさせ、「チアキ」を発見する
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者は、最初は単純に視線が変えられることにはしゃいでいたが、ストーリーが進んで視線が使える時間が10秒程度に伸びると、どこを見ていいか恥ずかしくてまさに視線が泳いでしまった。

会話の選択肢を選ぶ場面も。的外れな回答がなく、いつも数秒悩み込んでしまう
会話の選択肢を選ぶ場面も。的外れな回答がなく、いつも数秒悩み込んでしまう
[画像のクリックで拡大表示]

 『囚われのパルマ Refrain(リフレイン)』の試遊は、体験時間15分に人の入れ替えなどの時間を合わせて20分程度。試遊した人は「チアキ」のプロフィールと顔写真のセットがもらえる。加えて、試遊体験時にダウンロード済みのアプリ『囚われのパルマ』の画面をスタッフに見せると、2周年記念イラストと本作のメインビジュアルが描かれたポストカードもゲットできる。

 なお、『囚われのパルマ Refrain(リフレイン)』の配信日は現時点で未定となっている。一般配信が今から楽しみだ。

ブースには、ガラスに見立てた画面に映った、等身大サイズの「チアキ」が。画面に触れると話しかけてくれる
ブースには、ガラスに見立てた画面に映った、等身大サイズの「チアキ」が。画面に触れると話しかけてくれる
[画像のクリックで拡大表示]

(文/吉成早紀、写真/加藤康)


全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する