もっとも前評判が高かったのは『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』(PS4/XboxOne/2019年2月1日発売)。シリーズ12年ぶりのナンバリング最新作とあって、開場直後から8台の試遊台は満席になり、すぐに1時間待ちの行列ができた。戦闘機を駆って敵を攻撃する楽しさだけでなく、ぜひとも空の美しさに注目してほしい1本。どこまでも広がる雲の表現は格別なのだ。

『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』。空中戦の面白さは折り紙付きの人気シリーズ。今回は空の表現に要注目
『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』。空中戦の面白さは折り紙付きの人気シリーズ。今回は空の表現に要注目
[画像のクリックで拡大表示]

 武器格闘アクションゲーム『ソウルキャリバーVI』(PS4/XboxOne/10月19日発売)も忘れてはいけない。シリーズ誕生20周年を記念して、6年ぶりに登場となったナンバリングタイトルだ。4つの試遊台すべてに、通常のコントローラーのみならず専用コントローラーも完備するあたり、格闘ゲーマーへの配慮も完璧。16世紀を舞台にした剣劇アクションを堪能できる。

『ソウルキャリバーVI』。通常のコントローラーだけでなく、右脇に格闘ゲーム用コントローラーが置かれている。マニアのための配慮である
『ソウルキャリバーVI』。通常のコントローラーだけでなく、右脇に格闘ゲーム用コントローラーが置かれている。マニアのための配慮である
[画像のクリックで拡大表示]