東京ゲームショウ2018のスクウェア・エニックスブースでは注目タイトルが目白押し。下記3タイトルの試遊コーナーが盛り上がっている。

・『キングダム ハーツIII』(PlayStation4/Xbox One、2019年1月25日発売予定)/「キングダムハーツ」シリーズ最新作で、国内での試遊は初めてとなる
・『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』(PlayStation4/Switch、2018年12月20日発売予定)/こちらも初の試遊展示となった
・『ファイナルファンタジーXIV』(PlayStation4/PC/Steam、提供中)/人気のオンラインゲーム

 なかでも熱い視線を集めていたのが『キングダム ハーツIII』。同社のブース中、一番広い試遊コーナーを用意していたのだが、開場30分ほどで早くも1時間待ちに。来場者が増える一般公開日は、さらに多くの試遊希望者が見込まれる。同社によると、予告なく整理券を配布する場合もあるという。新作をいち早く遊んでみたい人は、早めにスクウェア・エニックスブースへ足を運んでほしい。

ホール6の角に大型ブースを出展するスクウェア・エニックス
ホール6の角に大型ブースを出展するスクウェア・エニックス
[画像のクリックで拡大表示]
スクエニブース、国内初試遊のタイトルに注目【TGS2018】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
スクエニブース、国内初試遊のタイトルに注目【TGS2018】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
開場後に来場者が詰めかけたのが「キングダム ハーツIII」の試遊コーナー