スマートフォンゲームコーナーの一角にある「Smartphone Special Area」では、今年もソニーモバイルコミュニケーションズが専用のエリアを設け、同社の最新スマートフォン『Xperia XZ2』を使ったゲーム体験をアピールしている。

ソニーモバイルは今年も、「Smartphone Special Area」でXperiaシリーズとゲームに関する展示を実施している
ソニーモバイルは今年も、「Smartphone Special Area」でXperiaシリーズとゲームに関する展示を実施している
[画像のクリックで拡大表示]

 中でも大きくアピールされていたのが、PlayStation 4のリモートプレイだ。これは自宅のリビングにあるPlayStation 4のゲームを、Xperia XZ2を用いて寝室や外出先などでプレーできるというもの。

 快適にプレーするには専用のコントローラー「DUALSHOCK4」が必要だが、6月に発売されたばかりの専用マウント「XD mount」を用いてXperia XZ2とDUALSHOCK4を接続すれば、携帯ゲーム機感覚でゲームをプレーできる。会場ではこのマウントを用いたXperia XZ2のリモートプレイで、『無双OROCHI3』『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』『チームソニックレーシング』『ぷよぷよテトリス』といったPlayStation 4の新作タイトルをプレイ可能だ。

最新機種のXperia XZ2を用いた、PlayStation 4のリモートプレイを体感できる。専用のマウントを用いて携帯ゲーム機感覚でゲームを楽しめる
最新機種のXperia XZ2を用いた、PlayStation 4のリモートプレイを体感できる。専用のマウントを用いて携帯ゲーム機感覚でゲームを楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]

 そしてこのマウントを用いたゲームプレイスタイルとしてアピールしているのが“ごろ寝”プレー。実際コーナー中央のステージで時折実施される「PS4リモートプレイショウ」では、パジャマ姿のコンパニオンが、ベッドやソファーでごろ寝しながらPlayStation 4のゲームをプレーする様子をアピールしていた。

ステージで実施される「PS4リモートプレイショウ」には、パジャマ姿のコンパニオンが登場
ステージで実施される「PS4リモートプレイショウ」には、パジャマ姿のコンパニオンが登場
[画像のクリックで拡大表示]
ベッドやソファーに寝そべってのごろ寝プレーを披露してくれる
ベッドやソファーに寝そべってのごろ寝プレーを披露してくれる
[画像のクリックで拡大表示]

ダイナミックな振動!

 そしてもう1つ、会場で楽しめるのがXperia XZ2の新機能「ダイナミックバイブレーションシステム」。これはXperia XZ2に搭載された従来より大型のバイブレーターを搭載し、ゲームのアクションなどに合わせて本体が振動する仕組み。このシステムに対応したゲームならば、従来より一層臨場感のあるゲームプレーを楽しめるのだ。

 会場では『みんゴル』『モンスターハンター エクスプロア』など、ダイナミックバイブレーションシステムに対応したゲームを実際に楽しむことが可能。実際にゲームをプレーして、Xperia XZ2の魅力に触れてみてはいかが。

Xperia XZ2単体でも「ダイナミックバイブレーションシステム」で迫力あるゲームプレーが可能。会場ではその臨場感を体験できるゲームも体験可能だ
Xperia XZ2単体でも「ダイナミックバイブレーションシステム」で迫力あるゲームプレーが可能。会場ではその臨場感を体験できるゲームも体験可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/佐野正弘)

この記事をいいね!する