今年のKONAMIブースで試遊台が出展されたタイトルは、恋愛コミュニケーションゲーム『ラブプラス EVERY』をはじめ、サバイバルアクションゲーム『METAL GEAR SURVIVE』、ロボットアクションゲームの『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS:M∀RS』と、すでに発売中の『ウイニングイレブン 2018』を加えた合計4タイトル。また、今冬配信予定のスマホ用アイドルコミュニケーションゲーム『ときめきアイドル』は映像出展に加え、壁に貼られた先行視聴CDを自由にはがしてもらえるという、実に太っ腹なコーナーも用意されていた(※CDプレゼントは一般公開日のみ実施。プレゼントは1人1枚のみ)。

 また、パートナータイトルとして日本ファルコム開発のRPG『英雄伝説 閃の軌跡III』と、Playismから発売されるアドベンチャーゲーム『VA-11 Hall-A(ヴァルハラ)』の試遊台と、スタジオアートディンクの鉄道シミュレーションゲーム『A列車で行こうExp.』の映像出展もされていた。

試遊可能タイトル

・『ラブプラス EVERY』:iOS/Android
・『METAL GEAR SURVIVE』:PS4/Xbox One/Steam
・『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS:M∀RS』:PS4/Steam
・『ウイニングイレブン 2018』:PS4/PS3(発売中)
・『英雄伝説 閃の軌跡III』:PS4
・『VA-11 Hall-A(ヴァルハラ)』:PS Vita

映像のみ出展

・『ときめきアイドル』:iOS/Android
・『A列車で行こうExp.』:PS4

 とりわけ目を引いたのは、ゲームの舞台となる十羽野高校の教室を模した『ラブプラス EVERY』のセットと、そこに集まった彼氏さんたちの大行列だ。今なお同シリーズを愛してやまないファンが多数いるのに加え、今作から新たにVR対応となったことも、人気を集めた大きな要因だろう。初日のビジネスデイにおいては正午の段階で、なんと120分待ちの表示が出るほどの大盛況となっていた。会場でぜひプレイしたいと考えている彼氏のみなさんは、かなりの混雑が予想されるので早めに並ぶことをおすすめしたい。

彼氏さんが大挙集結! KONAMIブースレポート【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
彼氏さんが大挙集結! KONAMIブースレポート【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ゲームの舞台となる、十羽野高校をイメージした『ラブプラス EVERY』コーナー