トークショウの中盤では、唯一参加しておらず、声優陣ではもっとも「龍が如く」をうまくプレーできるという触れ込みの中谷一博氏が『龍が如く極2』をプレー。黒田崇矢氏は、その様子をみて、生で桐生一馬のアフレコをしだすなど、豪華な試遊となった。プレイ自体は至って普通で、ミニゲームのビンゴゴルフも1ビンゴと微妙な結果となった。ちなみにビンゴゴルフでは2ビンゴでTシャツと各キャラのクリアファイルが貰えることになっていたが、そのクリアファイルには真島吾朗の朗の字が間違っており、生産中止になったらしい。

『龍が如く極2』をプレーする中谷一博氏。先輩声優から総ツッコミを入れられ、タジタジに。トークショウでも終始イジられていたが、先輩との関係性の良さが垣間見れた
『龍が如く極2』をプレーする中谷一博氏。先輩声優から総ツッコミを入れられ、タジタジに。トークショウでも終始イジられていたが、先輩との関係性の良さが垣間見れた
[画像のクリックで拡大表示]
さまざまな特典が付いた限定版を発売予定。桐生一馬と真島吾朗の名言が延々と入っているCDは想像の斜め上を行きそう
さまざまな特典が付いた限定版を発売予定。桐生一馬と真島吾朗の名言が延々と入っているCDは想像の斜め上を行きそう
[画像のクリックで拡大表示]
さらにPS4no龍が如く極2エディションも発売を予定
さらにPS4no龍が如く極2エディションも発売を予定
[画像のクリックで拡大表示]

 話は新龍が如くプロジェクト『龍が如くONLINE』に移り、春日一番の名前の由来や声優のオーディションの話となった。

 主人公の一番と言う名前は、世界でも通じる日本の名前を考えつけられており、不幸な生い立ちを持つ主人公に、せめてめでたい名前をつけたいと春日の名字が後からつけられた。「龍が如く」シリーズでは、キャストのオーディションをすることはほとんどなかったが、春日一番に関しては大々的なオーディションを行い、中谷一博氏が勝ち抜いたとのことだ。

新龍が如くプロジェクトで、桐生一馬の後引き継ぎ、主人公を務める春日一番。役を射止めた中谷一博氏は共通の知り合いを通じ、黒田崇矢氏に挨拶に行ったとのこと
新龍が如くプロジェクトで、桐生一馬の後引き継ぎ、主人公を務める春日一番。役を射止めた中谷一博氏は共通の知り合いを通じ、黒田崇矢氏に挨拶に行ったとのこと
[画像のクリックで拡大表示]
新龍が如くプロジェクトはこれまで通りのコンソール版に加えて、スマホやPCにも展開。『龍が如くONLINE』はスマホとPCで展開される。ゲーム画面を見た感じだと、アクション・アドベンチャーではなく、ターン制のRPGもしくはシミュレーションのようだ
新龍が如くプロジェクトはこれまで通りのコンソール版に加えて、スマホやPCにも展開。『龍が如くONLINE』はスマホとPCで展開される。ゲーム画面を見た感じだと、アクション・アドベンチャーではなく、ターン制のRPGもしくはシミュレーションのようだ
[画像のクリックで拡大表示]