東京ゲームショウ2017の龍が如くスタジオのステージイベントは名越総合監督をホストに、龍が如くシリーズプロデューサーの横山昌義氏、『北斗が如く』プロデューサーの佐藤大輔氏を迎え、座談会形式のトークショウとして行われた。23日のステージでは、桐生一馬役、ケンシロウ役の黒田崇矢氏、真島吾朗役、ジャギ役の宇垣秀成氏、郷田龍司役、ラオウ役の岩崎征実氏、春日一番役、シン役の中谷一博氏も登壇し、かなり男臭い渋いステージとなった。

名越稔洋氏(シリーズ総合監督)
名越稔洋氏(シリーズ総合監督)
[画像のクリックで拡大表示]
佐藤大輔氏(『北斗が如く』ゼネラルプロデューサー)
佐藤大輔氏(『北斗が如く』ゼネラルプロデューサー)
[画像のクリックで拡大表示]
横山昌義氏(「龍が如く」シリーズプロデューサー)
横山昌義氏(「龍が如く」シリーズプロデューサー)
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、名越監督が、今回のセガゲームスブースの龍が如くコーナーについて語った。 「例年はクローズドシアターでトレーラーを流していましたが、それでは多くの人に見てもらえないと思い、オープンシアターで上映しています。いつもは1回あたり30人程度が限度でしたが、今回は4倍の120人くらいには、観てもらえています」と語った。

 トークショウでの話題は、最初に『龍が如く極2』の話となった。各声優陣は11年前にリリースした作品にもう一度演じ直すことについてそれぞれの感想を語った。

「映像の迫力がまったく違います。キャストも11年の経験を活かし、さらに役の掴み方も違っています。11年の間に2回大病を患い、死の淵をさまよりました。その経験が死を超えて戦う桐生一馬に投影できました」(黒田崇矢氏)

桐生一馬役の黒田崇矢氏
桐生一馬役の黒田崇矢氏
[画像のクリックで拡大表示]

「真島の追加ストーリーが入っているので、真島ファンは買わないと駄目ですね。『2』のときははっちゃけてやったので、それに合わせるのが大変でした」(宇垣秀成氏)

真島吾朗役の宇垣秀成氏
真島吾朗役の宇垣秀成氏
[画像のクリックで拡大表示]

「龍司はあんなにモミアゲが長かったんですね(笑)。体つきは11年前に比べて郷田龍司に近づきました。同じことを2度やるのは難しいけど、他ではできない特別な経験でした」(岩崎征実氏)。

郷田龍司役の岩崎征実氏
郷田龍司役の岩崎征実氏
[画像のクリックで拡大表示]

「錦山彰は前作で死んでしまったので、今回はお客さん目線で観ています。楽しみにしています。前作の『極』の時の話ですが、11年前ではやれなかった、果たせなかったことができることに幸せを感じます」(中谷一博氏)。

春日一番役(龍が如くONLINE)の中谷一博氏
春日一番役(龍が如くONLINE)の中谷一博氏
[画像のクリックで拡大表示]

 横山プロデューサーによると、『龍が如く極2』は新エンジンにより、人によって動きのキレがまったく違ってくるとのこと。もちろん、誰にでも簡単に操作できるようなってはいるが、操作する人の個性やうまさが反映されるわけだ。さらに『龍が如く極2』では、武器をたくさん使えるようにした。武器を使う楽しさが味わえる仕組みになっている。

 このことに関して黒田崇矢氏は、「トンファーは普段持ち歩くものではないので、武器としては役にたたないんですよ。一時期、武器は一通り使えるように訓練した時期があったんですが、トンファーは使いにくかった」。

PS4と新エンジンによりグラフィックも動きも刷新
PS4と新エンジンによりグラフィックも動きも刷新
[画像のクリックで拡大表示]
武器を豊富に用意。これは黒田崇矢氏が実際は使いにくいと語ったトンファー
武器を豊富に用意。これは黒田崇矢氏が実際は使いにくいと語ったトンファー
[画像のクリックで拡大表示]

 トークショウの中盤では、唯一参加しておらず、声優陣ではもっとも「龍が如く」をうまくプレーできるという触れ込みの中谷一博氏が『龍が如く極2』をプレー。黒田崇矢氏は、その様子をみて、生で桐生一馬のアフレコをしだすなど、豪華な試遊となった。プレイ自体は至って普通で、ミニゲームのビンゴゴルフも1ビンゴと微妙な結果となった。ちなみにビンゴゴルフでは2ビンゴでTシャツと各キャラのクリアファイルが貰えることになっていたが、そのクリアファイルには真島吾朗の朗の字が間違っており、生産中止になったらしい。

『龍が如く極2』をプレーする中谷一博氏。先輩声優から総ツッコミを入れられ、タジタジに。トークショウでも終始イジられていたが、先輩との関係性の良さが垣間見れた
『龍が如く極2』をプレーする中谷一博氏。先輩声優から総ツッコミを入れられ、タジタジに。トークショウでも終始イジられていたが、先輩との関係性の良さが垣間見れた
[画像のクリックで拡大表示]
さまざまな特典が付いた限定版を発売予定。桐生一馬と真島吾朗の名言が延々と入っているCDは想像の斜め上を行きそう
さまざまな特典が付いた限定版を発売予定。桐生一馬と真島吾朗の名言が延々と入っているCDは想像の斜め上を行きそう
[画像のクリックで拡大表示]
さらにPS4no龍が如く極2エディションも発売を予定
さらにPS4no龍が如く極2エディションも発売を予定
[画像のクリックで拡大表示]

 話は新龍が如くプロジェクト『龍が如くONLINE』に移り、春日一番の名前の由来や声優のオーディションの話となった。

 主人公の一番と言う名前は、世界でも通じる日本の名前を考えつけられており、不幸な生い立ちを持つ主人公に、せめてめでたい名前をつけたいと春日の名字が後からつけられた。「龍が如く」シリーズでは、キャストのオーディションをすることはほとんどなかったが、春日一番に関しては大々的なオーディションを行い、中谷一博氏が勝ち抜いたとのことだ。

新龍が如くプロジェクトで、桐生一馬の後引き継ぎ、主人公を務める春日一番。役を射止めた中谷一博氏は共通の知り合いを通じ、黒田崇矢氏に挨拶に行ったとのこと
新龍が如くプロジェクトで、桐生一馬の後引き継ぎ、主人公を務める春日一番。役を射止めた中谷一博氏は共通の知り合いを通じ、黒田崇矢氏に挨拶に行ったとのこと
[画像のクリックで拡大表示]
新龍が如くプロジェクトはこれまで通りのコンソール版に加えて、スマホやPCにも展開。『龍が如くONLINE』はスマホとPCで展開される。ゲーム画面を見た感じだと、アクション・アドベンチャーではなく、ターン制のRPGもしくはシミュレーションのようだ
新龍が如くプロジェクトはこれまで通りのコンソール版に加えて、スマホやPCにも展開。『龍が如くONLINE』はスマホとPCで展開される。ゲーム画面を見た感じだと、アクション・アドベンチャーではなく、ターン制のRPGもしくはシミュレーションのようだ
[画像のクリックで拡大表示]

 終盤には『北斗が如く』の話題に。北斗の拳を原作にしていながら、龍が如くスタジオが作る他では見られない北斗の拳となっていると名越監督は語っている。ストーリーはゲーム完全オリジナルで、「龍が如く」シリーズと同様に遊び要素も満載だ。流されたトレーラーでは、ケンシロウがバーテンダーに扮してカクテルを作っていたり、ザコキャラを鉄骨でぶっ飛ばして飛距離を競ったり、ひゃっはーでおなじみのバイク乗りたちとレースをしたり、ケンシロウが黒服となってクラブを切り盛りしたりとまさに他では見られない北斗の拳となっている。

 ケンシロウ役を務める黒田崇矢氏は「ケンシロウを演じる時は、桐生一馬を演じるときよりも5kg筋肉を増やしてビルドアップしました」と意気込みを語った。

北斗の拳の世界をしっかりと描きつつ、龍が如くスタジオならではの要素をふんだんに盛り込んでいる
北斗の拳の世界をしっかりと描きつつ、龍が如くスタジオならではの要素をふんだんに盛り込んでいる
[画像のクリックで拡大表示]
北斗の拳の世界ではありえない、龍が如くスタジオならではのケンシロウがみられる
北斗の拳の世界ではありえない、龍が如くスタジオならではのケンシロウがみられる
[画像のクリックで拡大表示]
バーテンダーとして北斗神拳を駆使したカクテルを作るケンシロウ
バーテンダーとして北斗神拳を駆使したカクテルを作るケンシロウ
[画像のクリックで拡大表示]
黒服として客をもてなすケンシロウ
黒服として客をもてなすケンシロウ
[画像のクリックで拡大表示]
ビデオメッセージで原作者の原哲夫氏が登場。会場の7人の強面集団が揃って、見た目が怖いと発言。たぶん、五十歩百歩
ビデオメッセージで原作者の原哲夫氏が登場。会場の7人の強面集団が揃って、見た目が怖いと発言。たぶん、五十歩百歩
[画像のクリックで拡大表示]
『北斗が如く』の主要キャラクター。CVは「龍が如く」ではおなじみの面々だ
『北斗が如く』の主要キャラクター。CVは「龍が如く」ではおなじみの面々だ
[画像のクリックで拡大表示]
ケンシロウの見た目を桐生一馬に変更できたり、ゲームが有利に進められる護符、南斗五車星セットなどがゲットできる「世紀末プレミアムエディション」を発売予定
ケンシロウの見た目を桐生一馬に変更できたり、ゲームが有利に進められる護符、南斗五車星セットなどがゲットできる「世紀末プレミアムエディション」を発売予定
[画像のクリックで拡大表示]

 明日のステージでは、さらなる新情報を公開すると言うことなので、来場者は是非セガゲームスブースのステージへ行くことをオススメする。東京ゲームショウに行けない人は、動画配信でチェックしておこう

(文/岡安学、写真/シバタススム)

この記事をいいね!する