セガゲームスのブースでは、ケンシロウがお出迎え
セガゲームスのブースでは、ケンシロウがお出迎え
[画像のクリックで拡大表示]

 セガゲームスを牽引するタイトルである「龍が如く」シリーズのナンバリングは前作『龍が如く6』で完結してしまったが、まだまだシリーズとしてはさまざまな展開が用意されており、東京ゲームショウ2017では、なんと3タイトルも用意されている。

 ひとつは、『龍が如く2』のリメイクとなる『龍が如く極2』だ。『龍が如く2』のプラットフォームはPS2だったので、PS4専用エンジン「ドラゴンエンジン」により大幅にブラッシュアップされている。グラフィック的にも動き的にも、もはや別物だ。『龍が如く』のリメイクである『龍が如く極』での実績からわかるように、ただの移植作、リメイクではなく、新要素もふんだんに盛り込まれている。真島吾朗がプレイキャラとしてプレイができたり、ミニゲームやヒートアクションも増えている。「龍が如く」シリーズを『龍が如く3』や『龍が如く4』などから始め、『龍が如く2』をプレイしていない人はもちろん、リアルタイムで『龍が如く2』をプレイした人ももう一度プレイする価値は十分にある。

キャバクラグランプリというイベントも用意。潰れかけのキャバクラを立て直して日本一を目指す!ということで、会場にはお約束のキャバ嬢です
キャバクラグランプリというイベントも用意。潰れかけのキャバクラを立て直して日本一を目指す!ということで、会場にはお約束のキャバ嬢です
[画像のクリックで拡大表示]
真島吾朗がプレイヤーキャラに。『龍が如く極2』オリジナルのストーリーが展開
真島吾朗がプレイヤーキャラに。『龍が如く極2』オリジナルのストーリーが展開
[画像のクリックで拡大表示]
ゲームセンターでは『バーチャロン』がプレイできる。完成度に関しては言わずもがな
ゲームセンターでは『バーチャロン』がプレイできる。完成度に関しては言わずもがな
[画像のクリックで拡大表示]
試遊台はかなり用意してある。他の試遊台とは並ぶ方向が逆なので注意
試遊台はかなり用意してある。他の試遊台とは並ぶ方向が逆なので注意
[画像のクリックで拡大表示]

「北斗の拳」と「龍が如く」が融合

 ふたつめはスマートフォン(iOS/Android)とPCで遊べる『龍が如くONLINE』だ。主人公は桐生一馬から春日一番に引き継がれ、新たな「龍が如く」シリーズの幕開けを予感させる。また、基本プレイ無料のスマートフォンアプリとしてどんなゲームとなるかも楽しみだ。

桐生一馬から引き継いで、神室町を守る春日一番
桐生一馬から引き継いで、神室町を守る春日一番
[画像のクリックで拡大表示]

 最後は「北斗の拳」と「龍が如く」シリーズの融合である『北斗が如く』だ。「龍が如く」シリーズのオープンワールドの世界が、あの荒廃した199X年の世界とマッチング。アクションシーンも親和性が高く、単なるコラボレーションに終わらない予感がする。会場のトレーラーを観たところ、イメージとしては「龍が如く」シリーズの『龍が如く 見参!』や『龍が如く 維新!』のような感じだ。キャラクターのデザインこそ北斗の拳のものだが、桐生一馬が宮本武蔵や坂本龍馬を演じたような作りになっているのと同様に、桐生一馬がケンシロウを演じていると言う感じだ。他のキャストも「龍が如く」で登場した人たちが多く、北斗キャラと龍が如くキャラがうまく融合している感じだ。

 ストーリー的にも北斗の拳の大筋を追いつつ、「龍が如く」らしく、本筋とは別のイベントやミニゲームが用意されている。どんなものがあるかは、トレーラーで確認して欲しいところだ。

『北斗が如く』では、北斗の拳の世界を「龍が如く」のように自由に探索することができる
『北斗が如く』では、北斗の拳の世界を「龍が如く」のように自由に探索することができる
[画像のクリックで拡大表示]
トレーラーはかなりのボリューム。セガゲームスブースに訪れたら絶対に観にくべき!
トレーラーはかなりのボリューム。セガゲームスブースに訪れたら絶対に観にくべき!
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/岡安学)