セガゲームスのブースでは、ケンシロウがお出迎え
セガゲームスのブースでは、ケンシロウがお出迎え
[画像のクリックで拡大表示]

 セガゲームスを牽引するタイトルである「龍が如く」シリーズのナンバリングは前作『龍が如く6』で完結してしまったが、まだまだシリーズとしてはさまざまな展開が用意されており、東京ゲームショウ2017では、なんと3タイトルも用意されている。

 ひとつは、『龍が如く2』のリメイクとなる『龍が如く極2』だ。『龍が如く2』のプラットフォームはPS2だったので、PS4専用エンジン「ドラゴンエンジン」により大幅にブラッシュアップされている。グラフィック的にも動き的にも、もはや別物だ。『龍が如く』のリメイクである『龍が如く極』での実績からわかるように、ただの移植作、リメイクではなく、新要素もふんだんに盛り込まれている。真島吾朗がプレイキャラとしてプレイができたり、ミニゲームやヒートアクションも増えている。「龍が如く」シリーズを『龍が如く3』や『龍が如く4』などから始め、『龍が如く2』をプレイしていない人はもちろん、リアルタイムで『龍が如く2』をプレイした人ももう一度プレイする価値は十分にある。

キャバクラグランプリというイベントも用意。潰れかけのキャバクラを立て直して日本一を目指す!ということで、会場にはお約束のキャバ嬢です
キャバクラグランプリというイベントも用意。潰れかけのキャバクラを立て直して日本一を目指す!ということで、会場にはお約束のキャバ嬢です
[画像のクリックで拡大表示]
真島吾朗がプレイヤーキャラに。『龍が如く極2』オリジナルのストーリーが展開
真島吾朗がプレイヤーキャラに。『龍が如く極2』オリジナルのストーリーが展開
[画像のクリックで拡大表示]
ゲームセンターでは『バーチャロン』がプレイできる。完成度に関しては言わずもがな
ゲームセンターでは『バーチャロン』がプレイできる。完成度に関しては言わずもがな
[画像のクリックで拡大表示]
試遊台はかなり用意してある。他の試遊台とは並ぶ方向が逆なので注意
試遊台はかなり用意してある。他の試遊台とは並ぶ方向が逆なので注意
[画像のクリックで拡大表示]