完全融合を目指す『とある魔術の電脳戦機』【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 『とある魔術の電脳戦機』は、小説・アニメ作品である「とある魔術の禁書目録」と3Dロボット対戦ゲーム『電脳戦機バーチャロン』のコラボ作品として、注目を集めているタイトルだ。「電脳戦機バーチャロン」シリーズの新作としては15年ぶりとなり、ファンにとって待ちに待ったタイトル。

 そもそも『とある魔術の電脳戦機』は、2016年5月に小説が先行して発売し、「とある魔術の禁書目録」の世界観を壊すことなく、『電脳戦機バーチャロン』を組み込んだ作品。それに呼応するように、登場したのがこの『とある魔術の電脳戦機』というわけだ。

 そのため、「とある魔術の禁書目録」の世界の中で、『電脳戦機バーチャロン』と言うe-Sportが流行っていると言う話になっている。なので、「とある魔術の禁書目録」の世界も『電脳戦機バーチャロン』の世界もどちらも壊さずに新たなストーリーとして存在しているという。

完全融合を目指す『とある魔術の電脳戦機』【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
2016年に発売した小説「とある魔術の電脳戦機」。作者は当然鎌池和馬氏で、イラストはカトキハジメとガチ中のガチな作品
完全融合を目指す『とある魔術の電脳戦機』【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ゲーム中の登場するバーチャロイドは、e-Sport仕様の「VSL(バーチャロン・スポーツ・ライン」。カトキハジメ氏渾身のデザインだ
完全融合を目指す『とある魔術の電脳戦機』【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
御坂美琴カラーリングのライデン。ライデンらしからぬポップなカラーリングだが、御坂美琴に似合っており、スポーツ・ラインと考えるとしっくりくる

「よくあるコラボではなく、世界観もキャラクターもがっつり新しく作る。どっちのファンもニコニコできる内容です」とプロデューサーの亙氏は語っている。

完全融合を目指す『とある魔術の電脳戦機』【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
プロデューサーの亙重郎氏