東京ゲームショウ2017ビジネスデイ初日の9月21日、セガゲームスステージでは、同社が今年5月18日に発表した新CI(コーポレートアイデンティティー)をテーマにしたトークセッションが開かれた。「Amazing SEGAが目指すもの」と題されたこのイベントは、「週刊ファミ通」の林克彦編集長をファシリテーターに迎え、セガゲームスブースの出展タイトル『北斗が如く』『ファンタシースターオンライン2』『D×2 真・女神転生リベレーション』『十三機兵防衛圏』の魅力について、各部門のトップが語り合うというもの。それぞれが作品に込めた思いや制作の裏話などを披露したほか、事前のアンケートで週刊ファミ通に寄せられた読者からの質問に答えるなど、45分間にわたって楽しいクロストークが繰り広げられた。

セガの新CI「Amazing SEGA」、部門トップがトーク合戦【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
セガゲームスステージイベントの1つとして開催された、各事業部トップによるトークセッション
セガの新CI「Amazing SEGA」、部門トップがトーク合戦【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
セガゲームス エンタテインメントコンテンツ統括本部 コンシューマコンテンツ事業部 執行役員 COの大橋修氏
セガの新CI「Amazing SEGA」、部門トップがトーク合戦【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
セガゲームス エンタテインメントコンテンツ統括本部 オンラインコンテンツ事業部 執行役員 COの瀬川隆哉氏
セガの新CI「Amazing SEGA」、部門トップがトーク合戦【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
セガゲームス ゲーム&デジタルサービス統括本部 IP&ゲーム事業部 執行役員 COの菊池正義氏
セガの新CI「Amazing SEGA」、部門トップがトーク合戦【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
アトラス 取締役 コンシューマソフトウェア局 局長の平岡直人氏
セガの新CI「Amazing SEGA」、部門トップがトーク合戦【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ファシリテーターを務めた「週刊ファミ通」の林克彦編集長

(文/堀井塚高、写真/酒井康治)