カプコン『モンハンワールド』の人気が圧倒的【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 カプコンは出展したタイトルのほとんどが試遊台になっており、ブース自体が東京ゲームショウ2017でトップクラスの人気となっている。特に人気なのが「モンスターハンター」の最新作『モンスターハンター:ワールド』だ。シリーズの最新作として注目が集まるのは当然として、初のPS4タイトルとなることで、グラフィックやシステムの大幅な向上が期待されている。ビジネスデイの初日から早々に整理券の配布が終了。一般公開日はより整理券の獲得が難しくなると見られるので、朝イチから整理券のゲットを目指すことをおすすめする。

来年初頭の発売を予定しているだけあり、完成度が高い状態でプレーができる
来年初頭の発売を予定しているだけあり、完成度が高い状態でプレーができる
[画像のクリックで拡大表示]
整理券はあっという間になくなった。ビジネスデイでも午後までもたなかったので、一般公開日は朝イチダッシュだ
整理券はあっという間になくなった。ビジネスデイでも午後までもたなかったので、一般公開日は朝イチダッシュだ
[画像のクリックで拡大表示]

 奇しくも東京ゲームショウ2017のオープン日と発売日が重なった『マーベル VS.カプコン:インフィニット』。久々のシリーズ新作となるアベンジャーズ以前リリースされており、アベンジャーズをすでに超えている夢のオールスター格闘ゲームだ。試遊台にはアーケードコントローラーが用意されているもありがたい。

開発陣との対戦をせんとすによる実況でプレーできる
開発陣との対戦をせんとすによる実況でプレーできる
[画像のクリックで拡大表示]

PS4初登場『デッドライジング4スペシャルエディション』も展示

 他にもNintedoSwitchへの移植作となる『バイオハザード リベレーションズ』『バイオハザード リベレーションズ2』や「デッドライジング」シリーズ最新作にしてPS4初登場となる『デッドライジング4スペシャルエディション』も展示。昨年、女子に圧倒的な人気を誇った『囚われのパルマ』や毎年おなじみの東京マルイと「バイオハザード」によるシューティングレンジも。

 一般公開日のステージイベントでは、ゲーム開発者を始め、声優やタレントなどが出演し、盛り上がること間違い無し。予定をカプコンの東京ゲームショウ2017特設サイトにて、確認しておこう。

NintendoSwitchで「バイオハザード」シリーズが遊べる!
NintendoSwitchで「バイオハザード」シリーズが遊べる!
[画像のクリックで拡大表示]
『囚われのパルマ』では、昨年同様に囚われた感のあるコーナーを用意
『囚われのパルマ』では、昨年同様に囚われた感のあるコーナーを用意
[画像のクリックで拡大表示]
『デッドライジング4スペシャルエディション』のコーナーはフランクと一緒に写真が撮影できるフォトコーナーを用意
『デッドライジング4スペシャルエディション』のコーナーはフランクと一緒に写真が撮影できるフォトコーナーを用意
[画像のクリックで拡大表示]
マルイのエアガンを使って、ゾンビを倒す東京マルイ シューティングレンジ
マルイのエアガンを使って、ゾンビを倒す東京マルイ シューティングレンジ
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/岡安学)