東京ゲームショウ2017の2日目(9月22日)、バンダイナムコエンターテインメントは同社ブースにて、NTTドコモと共同で「5G」を活用したVRコンテンツ『ソードアート・オンライン レプリケーション』を開発していることを明らかにした。

バンダイナムコエンターテインメントはNTTドコモと共同で、5Gを活用したVRコンテンツ『ソードアート・オンライン レプリケーション』を発表
バンダイナムコエンターテインメントはNTTドコモと共同で、5Gを活用したVRコンテンツ『ソードアート・オンライン レプリケーション』を発表
[画像のクリックで拡大表示]

 5Gは「LTE」など現在主流の通信方式「4G」の、次の世代となる通信方式で、最大20Gbpsもの通信速度の実現が見込まれているなど、4Gより一層の高速・大容量通信が実現できることが大きな特徴の1つとなっている。そしてNTTドコモは2020年に5Gの導入を目指していることから、5Gを用いた今までにないリアルで面白い体験を提供するべく、両社で5G用のコンテンツを開発するに至ったのだそうだ。

NTTドコモが2020年の提要を予定している高速・大容量の5Gと、バンダイナムコエンターテインメントのゲーム開発力を生かして今までにないVRコンテンツを開発するに至ったとのこと
NTTドコモが2020年の提要を予定している高速・大容量の5Gと、バンダイナムコエンターテインメントのゲーム開発力を生かして今までにないVRコンテンツを開発するに至ったとのこと
[画像のクリックで拡大表示]

 開発にあたって両社で議論を重ねた結果、5Gの高速・大容量にマッチするのはVRだとの結論に至った。VRを楽しむにはヘッドマウントディスプレイ(HMD)が必要なことから、HMDを装着するのにちょうどマッチした作品としてSAOを選んだという。そこで発表されたのが、SAOの世界観が味わえるVRゲーム『ソードアート・オンライン レプリケーション』である。

ソードアート・オンライン レプリケーションは、SAOの世界観を存分に体験できるゲームとなるようだ
ソードアート・オンライン レプリケーションは、SAOの世界観を存分に体験できるゲームとなるようだ
[画像のクリックで拡大表示]

トライアルプレーヤーは抽選で300名限定

 このゲームは、HMDを装着したプレーヤーが主人公となってSAOの舞台「アインクラッド」の中でゲームに参加し、少女「ミスト」を守りながら生き延びるのが目的とのことで、ゲーム内では3DCGによるリアルなアインクラッドの世界が再現されるという。原作ではゲーム内でプレーヤーが死んでしまうと本人も死んでしまうという設定であることから、そうした世界観をリアルに体験できるコンテンツにしたいとしている(もちろん本当に死ぬ訳ではない)。

主人公とヒロイン「ミスト」のキャラクターデザインも公開。原作の舞台をVRで忠実に再現することに力を入れているという
主人公とヒロイン「ミスト」のキャラクターデザインも公開。原作の舞台をVRで忠実に再現することに力を入れているという
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、現在のところ5Gの通信サービスは提供されていないことから、このゲームは現在、NTTドコモが5Gのトライアルを実施している東京スカイツリータウン内の「東京ソラマチ」で、12月8日から10日までの期間限定で提供されるとのこと。またプレーできるのは公式サイトなどで9月22日から11月15日までの間に応募し、抽選で選ばれた300名に限定される。プレーしたい人は早めに応募した方がいいだろう。

 なお発表会の会場では、SAOのVRコンテンツ化を祝して、2頭身にデフォルメされた主人公のキリトとアスナ、そしてお笑い芸人のCOWCOWが登場。COWCOWの2人は5Gについては詳しく知らない様子だったものの、VRには強い関心を持ったようで、新しいコンテンツに大きな期待を示し、場を盛り上げていたようだ。

COWCOWの2人はソードアート・オンラインのキリトとアスナを引き連れて登場。段差があったせいか、移動にはやや苦労していたようだ
COWCOWの2人はソードアート・オンラインのキリトとアスナを引き連れて登場。段差があったせいか、移動にはやや苦労していたようだ
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/佐野正弘)